2018 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 06

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

群集心理描く奇妙なゲーム『KIDS』が発表!『Plug & Play』クリエイターの新作

 【23//2018】

群集心理描く奇妙なゲーム『KIDS』が発表!『Plug & Play』クリエイターの新作


Double Fine Productionsは同社のインディーゲームレーベル“Double Fine Presents”の新タイトルとして、2015年に『PLUG & PLAY』を手がけたクリエイター、Michael Frei氏とMario von Rickenbach氏の新作『KIDS』を2018年にリリースすると発表しました。

大きな写真で詳しく見る

本作は群集心理を描く実験的プロジェクトであり、全員がいなくなるまで群衆で移動できるそうです。
何だかよく分かりませんが、ティーザートレイラーにはヌルヌルのアニメーションでひしめき合う人々の姿が収められています。

『KIDS』はPC/Mac/iOS/Androidを対象にリリース予定。
なお、本作はゲームだけでなく短編映像や展示物も含めたプロジェクトのようです。


スポンサーサイト

Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

2周年記念の『オーバーウォッチ レジェンダリー・エディション』がセール中!5月26日からはフリーウィークエンドも

 【23//2018】

2周年記念の『オーバーウォッチ レジェンダリー・エディション』がセール中!5月26日からはフリーウィークエンドも


いま『オーバーウォッチ』のリリース2周年を記念した、特典付きの『オーバーウォッチ レジェンダリー・エディション』がリリースされた。
6月6日までセールとなっており、PS4版のレジェンダリー・エディションは34%オフで4104円(税込)。
PC版はレジェンダリーエディションが4104円(税込)、スタンダードエディションが2160円(税込)となっている。
また、5 月26日3:00から5月29日15:59までフリーウィークエンドとして本作を無料でプレイすることができる。
こちらは製品版に引き継ぎ可能で、PS4版ではPS Plusへの加入も必要がないので気軽に体験してみてほしい。

「オーバーウォッチ」画像・動画ギャラリー
『オーバーウォッチ』はアタッカーやタンク、サポートいったロールを選択し、6vs6で戦うチーム対戦ヒーローシューター。
2周年ということで、今までイベント限定だったスキンやアーケードモードを復刻するアニバーサリーイベントが実施中だ。
今回、リリースされたレジェンダリー・エディションはレジェンダリー・スキン、エピック・スキン、オリジン・スキンがそれぞれ5種類ずつ付いてくるお得なエディションになっている。
ほかのBlizzard製ゲーム、『Heroes of the Storm』の特典や『Hearthstone』のカードバックなども付いてくる。

2018年5月21日にはアートブックの日本語版がリリースされるなど、ゲーム外でも盛り上がりを見せる本作。
継続的にプレイしなくてもキャラクターや世界観を知っているだけでも楽しめるかと思うので、今までファンアートを見るだけだった人などにもぜひともフリーウィークエンドを利用して楽しんでほしい。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

「タワー オブ アイオン」、「JOIN US TOWER OF AION」キャンペーンを開催

 【23//2018】

「タワー オブ アイオン」、「JOIN US TOWER OF AION」キャンペーンを開催


エヌ・シー・ジャパンは、PC用MMORPG「The Tower of AION(タワー オブ アイオン)」において、「JOIN US TOWER OF AION」キャンペーンを開催する。
期間は5月23日の定期メンテナンス後より6月13日の定期メンテナンス前まで。


「JOIN US TOWER OF AION」は、次期アップデートを控え、ディーバ(プレーヤー)を主役にした今後の運営方針「ユーザー1st」プロジェクトの一環として行なわれるもの。
ユーザーに向けた「ユーザー1st」についてのメッセージも公開された。

■「JOIN US TOWER OF AION」キャンペーン□JOIN1.世界にひとつだけのバナーキャンペーン!
自キャラクターのバストアップのスクリーンショットと「アイオン」への想いを綴った20文字以内のテキストを添えて公式のイメージ掲示板にアップすることで、アイオンのバナー広告の選考に参加することができる。

応募が採用された場合、応募内容が次期大型アップデート時の「アイオン」広告バナーとして掲載される。

□JOIN2.オリジナルイベント支援キャンペーン
・募集期間:5月23日定期メンテナンス後~6月13日の定期メンテナンス前
・施工期間:6月13日定期メンテナンス後~7月16日まで
ユーザー主催のゲーム内イベントの支援を目的としたもので、特設ページより企画の応募ができる。

申込み後に運営チームによる審査が行なわれ、応募の中から3名の企画を採用する。
採用された企画の主催者には、対象イベントでの賞品・景品用として、下記ゲーム内アイテムが2個ずつ提供される。


「ユーザー1st」プロジェクト 運営メッセージ
2018年、「タワー オブ アイオン」は次期大型アップデートを実施致します。

大型アップデートを実施するにあたり、これまで行なってきた運営からの一方的な広告ではなく、日々アイオンをプレイして頂いてる多くのお客様と共に既成概念枠を超えた新しい形の「広告」を作っていく事を目指して、この度「ユーザー1st」プロジェクトを立ち上げました。

我々運営は、「真のユーザー目線」を目指し日々精進を行なっておりますが、どこまでいっても運営である壁を越えられず、なかなかそこにたどり着けないジレンマを抱えております。
そこでお客様から「真のユーザー目線」ならではの感覚を共有して頂きたいと考えております。

特に現役のお客様、ひとりひとりが主役となり、率先してアイオンを盛り上げて頂き、「新規/休眠の方々を呼び起こそう!」といったお気持ちでご参加頂ければ幸いです。

「アイオン」がこれから歩んでいきたい未来の形として、お客様と1つになり新しいアイオンの世界を描いていきたいと運営チーム一同願います。
そして大勢いる主役を1人残らず輝かせることを実践すべく邁進していきます。

私達と一緒に新しいアイオンの未来を創っていきましょう。

© 2009 NCSOFT Corporation. NCJapan K.K. was granted by NCSOFT Corporation the right to publish, distribute and transmit The Tower of AION™ in Japan. All rights reserved.


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『オーバーウォッチ』のLEGOセットも! Activision Blizzardのライセンス事業プランが発表

 【23//2018】

『オーバーウォッチ』のLEGOセットも! Activision Blizzardのライセンス事業プランが発表


Activision Blizzardは海外業界イベントLicensing Expo 2018において、同社フランチャイズのライセンス展開について発表。
『オーバーウォッチ』のLEGOセットなど、様々なパートナーから多くのライセンス製品が登場することを明らかにしました。
LEGOセットの内容や詳細なラインナップについては現時点で伝えられておらず今後の続報が待たれます。

その他には『Call of Duty』や『Destiny』、『World of Warcraft』や『Hearthstone』などのパートナー/展開商品も明らかにされています。

『Call of Duty』
・McFarlane(コレクティブルフィギュア)
・USAopoly(リスク/モノポリー)
・Pyramid(ホムウェア、アクセサリ)
・Poetic Gem(アパレル)
・Park Agency(ニットウェア)
・Clairefontaine(文房具).
・Mattel(コレクティブルブロック玩具)
・Exquisite Gaming(Cable Guys、Crates)
・KontrolFreek(ゲーミングコントローラーアクセサリ)
・Bioworld International(アパレル、アクセサリ)
・Astro Gaming(ヘッドセット)
・Trends(ポスター/カレンダー)
『Crash Bandicoot(クラッシュ・バンディクー)』
・Just Toys(Backpack Hangers)
・BDA(コントローラー、アクセサリ)
・Pyramid(ホームウェア、アクセサリ)
・NECA/Kidrobot(コレクティブル)
・GameStop(Totakuフィギュア)
・and Park Agency(ニットウェア)
・Changes(アパレル)
・Concept One(アクセサリ)
・Rubber Road(アパレル、アクセサリ)
・Funko(POP! ビニールフィギュア)
『Spyro(スパイロ・ザ・ドラゴン)』
・Funko(POP! ビニールフィギュア)
・Changes(アパレル)
・NECA/Kidrobot(コレクティブル)
・Surreal(ドリンクウェア)
・Rubber Road(アパレル、アクセサリ)
・GameStop(Totakuフィギュア)
・Pyramid(ホームウェア、アクセサリ)
・Exquisite Gaming(Cable Guys & Crates)
『Destiny』
・Blizzard Publishing(書籍)
・McFarlane Toys(アクションフィギュア、スタチュー)
・Mattel(ブロック玩具セット)
・Funko(ビニールフィギュア)
・ThinkGeek(ビニールフィギュア、アパレル、アクセサリ)
・Rocklove(宝飾品)
・Razer(PCゲーミングアクセサリ)
・Surreal Entertainment(ドリンクウェア)
・The Coop(コレクティブル、アクセサリ)
・USAopoly(パズル、チェスセット、トランプ)
・Rubber Road(アパレル、アクセサリ)
・Gaya Entertainment(アパレル、コレクティブル)
『Overwatch(オーバーウォッチ)』
・Hasbro(Master Toy)
・NERF(Blasters)
・LEGO Group(ブロック玩具)
・UNIQLO(アパレル)
・Bioworld International(バッグ、アクセサリ)
・Spirit Halloween(コスチューム)
・Disguise(コスチューム)
・Brown Trout(カレンダー)
・Insight Editions(文房具、料理本)
・Trends(ポスター、ステッカーパック)
・Just Toys(ステッカーブック)
・Good Smile Company(フィギュア)
・Razer(PC Peripherals)
・J!nx(アパレル、アクセサリ)
・Dark Horse(Artbook)
・Funko(アパレル、バッグ、ホームアクセサリ、フィギュア)
・Scholastic(Books)
『World of Warcraft』
・Brown Trout(カレンダー)
・Del Rey(ノベル)
・Panini International(ノベル)
・AST(ノベル)
・Jeu Media(出版)
・Ju Ju Be(バッグ、アクセサリ)
・J!nx(アパレル、アクセサリ)
・Insight Editions(料理本)
・Funko(フィギュア)
・Dark Horse(出版)
『Hearthstone(ハースストーン)』
・Insight Editions(飛び出す絵本)
・Displate(美術品)
・Panini International(アートブック)
・Huginn & Muninn(アートブック)
A new way to play. Get your hands on Overwatch-themed #NerfRival blasters - coming soon! pic.twitter.com/93FZteQabX- Overwatch (@PlayOverwatch) 2018年5月16日


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

海外のPCゲーム販売サイトGOG.comにて、ビジュアルノベルゲームの販売が開始!

 【23//2018】

海外のPCゲーム販売サイトGOG.comにて、ビジュアルノベルゲームの販売が開始!


『ザ・ウィッチャー』シリーズで知られるCD Projektが運営する、DRMフリーのPCゲーム販売サイトGOG.comにて新たにビジュアルノベルジャンルのゲームが販売開始された。
それにともない、GOG.comではビジュアルノベルゲームのセールも実施されており、セールタイトルにはIGN JAPANで開発者インタビューを実施した「fault」シリーズなどが含まれている(日本語あり)。
パブリッシャーとしては、MangaGamerとSekai ProjectがGOG.comに参入している。
どちらも日本のビジュアルノベルゲームの海外版をSteamなどでリリースしてきた実績がある。

「ゲーム」画像・動画ギャラリー

GOG.comがこの手のジャンルのゲームを取扱い始めたのはTwitterでは「#waifuholocaust」などとも言われていた、Steamにおいて性的内容を含むゲームが削除警告を受けていたという問題と無関係ではないようだ。

GOG.comへの参入を発表した日本のビジュアルノベルゲームの海外版を販売するMangaGamerの公式ブログによると、すでにGOGでの販売を開始した『ひぐらしのなく頃に』シリーズなどを含む販売計画が発表されている。
それによると、Steamにおいても警告を受けた『Kindred Spirits on the Roof(邦題:屋上の百合霊さん)』や、2018年3月にValveから警告なしにSteamのストアフロントから消されたという『A Kiss for the Petals ~Maidens of Michael~,(邦題:その花びらにくちづけを ミカエルの乙女たち)』が今後はGOG.comで販売される予定だそうだ。

MangaGamerの公式ブログには「Steamは小規模でインディーな開発者にとって信頼性がなくなってきている」などと書かれており、ValveやSteamに対してかなり批判的な内容になっている。
Steamの性的内容を持つゲームについては再審査となっている模様だが、パブリッシャーにここまで書かれてしまうと、Valveは性的内容を含むビジュアルノベルなどの販売に関しては信用を失ったと言って間違いなさそうだ。
なお、GOG.comはTwitterでの発言ではあるが「全年齢版をGOGに持ってくるが、追加コンテンツに対してはブロックや干渉したりしない」と述べている。
この「追加コンテンツ」は、おそらく18禁要素を解除するパッチのことだろう。
ポルノ要素を含むゲームの販売プラットフォームとしてNutakuやFAKKUと言った、パッチによる「黙認」ではなく、販売が「容認」されているプラットフォームでのリリースが加速するのでは、と思われたところによるMangaGamerのGOG.comへの参入は大きなニュースだ。
GOG.comは最近、GOG Galaxyと呼ばれる専用クライアントをリリースしており、Steamと同様にライブラリの管理やクラウドによるセーブなどかなり快適なゲーム環境を提供している。
GOG.comが性的要素を含む美少女ゲームの新たな聖地となれるか、はたまたポルノを容認するプラットフォームでの販売が中心となっていくのか。
海外における美少女ゲームショックとも言える今回の問題については、今後も注目していきたいところだ。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

PS4「オーバーウォッチ」、ダウンロード版限定「レジェンダリー・エディション」発売!15種のスキンと他ゲームの特典つき

 【23//2018】

PS4「オーバーウォッチ」、ダウンロード版限定「レジェンダリー・エディション」発売!15種のスキンと他ゲームの特典つき


Blizzard Entertainmentは、プレイステーション 4用アクションシューティング「オーバーウォッチ レジェンダリー・エディション」の販売を5月23日より開始した。
価格は5,800円(税別)。
6月6日までは3,800円(税別)で販売され、「ゲームオブザイヤー・エディション」と置き換わる形での販売となる。


「オーバーウォッチ」は様々な特殊能力を持ったヒーローが集う、5対5で戦うチーム対戦型アクションシューティング。
ヒーローたちにはそれぞれの出自や経歴からなるストーリーが存在し、公式サイトやトレーラーなどで明かされるストーリーを楽しむのもひとつの魅力となっている。

「レジェンダリー・エディション」には、レジェンダリー・スキン(ジャンクラット用「フール」、ハンゾー用「狼」、マクリー用「謎のガンマン」、D.Va 用「オフィサー」、マーシー用「ニケ」)、エピック・スキン(ラインハルト用「パラゴン」、ゲンジ用「カーボン・ファイバー」、ウィドウメイカー用「ウィンター」、アナ用「モズ」、モイラ用「ペール」)5種のオリジン・スキンが付属。

加えて「HEROES OF THE STORM」のヒーロー「トレーサー」、「World of Warcraft」のペット「ベビー・ウィンストン」、「ハースストーン」の「オーバーウォッチ カードパック」、「Diablo III」の「マーシーの眼差し」、「Starcraft II」のゲーム内ポートレートが付属する。

■無料体験を実施!
5月26日3時より29日15時59分にかけて、体験プレイを実施。
現在実装されているヒーローやマップが利用でき、クイック・プレイ、カスタム・ゲーム、アーケードをプレイできる。
体験版のプレイデータは製品版へと引継ぎが可能。

©2018 Blizzard Entertainment, Inc. Overwatch and the Overwatch logo are trademarks and Blizzard Entertainment is a trademark or registered trademark of Blizzard Entertainment, Inc. in the U.S and/or other countries.


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

<SIE小寺剛社長>復刻版PSに含み 「お話しできることはない」と言いつつ…

 【23//2018】

<SIE小寺剛社長>復刻版PSに含み 「お話しできることはない」と言いつつ…


低迷している携帯ゲーム機「PSVita」については、「ポータブル(携帯ゲーム機)も詳しい話を控えさせていただく」としたが、「PSVitaは欧米への販売(出荷)は終了しているが、アジアや日本では(販売を)継続している。
ただ最終的には2年間(2020年)で収束していく方向にはなる」と語った。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

3本アームの「UFO CATCHER 」シリーズ最新作「UFO CATCHER TRIPLE TWIN」順次稼働

 【23//2018】

3本アームの「UFO CATCHER 」シリーズ最新作「UFO CATCHER TRIPLE TWIN」順次稼働


セガ・インタラクティブは、AC用クレーンゲーム「UFO CATCHER TRIPLE TWIN」を5月23日より順次稼働開始する。


「UFO CATCHER 」シリーズ最新作となる本作は、小型から大型まで、様々なサイズの景品に対応した新「UFO CATCHER 」。
シンプルな操作性はそのままに、さまざまな景品を3本のアームでガッチリつかみ上げることができる。
「UFO CATCHER 9」シリーズと同様に、透明感のあるマシンデザインで、中の景品も見やすく、様々な角度から楽しくプレイできる。

フルカラーLEDを搭載し、プライズのゲット時には、現在稼働中の「UFO CATCHER 9 second」や「UFO CATCHER TRIPLE」と連動した様々なカラーのイルミネーションが点灯し、華やかな演出が行なわれる。

©SEGA


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『レインボーシックス シージ』クリエイターインタビュー 「我々にとって日本は特別なコミュニティーだ」

 【23//2018】

『レインボーシックス シージ』クリエイターインタビュー 「我々にとって日本は特別なコミュニティーだ」


2018年5月19日~5月20日の2日間に渡って開催された『レインボーシックス シージ』プロリーグ シーズン7グローバルファイナル。
本大会に合わせて、ブランド・マネージャーのAlexandre Remy氏、プレゼンテーションディレクターのAlexander Karpazis氏、esportsディレクターのFrancois-Xavier Deniele氏のインタビューを実施。
Year3シーズン2“Operation ParaBellum”、成長を見せるプロリーグ(esports)について伺った。

アリバイはメタ変化にもなりうるし、このゲームにマインドゲームを取り入れることになる
ーーアリバイとマエストロがシーズン2から追加されるますが、彼らによって戦いはどのように変化するのでしょうか?
Karpazisふたりのディフェンダーを入れたわけですが、これによってアタッカー・ディフェンダーのバランスがよくなります。
今回のふたりはお互いにまったく違ったタイプのオペレーターです。
ひとりはカウンター・インテリジェンス(防諜)に特化しており、もうひとりは諜報重視です。

ーーライオンは実装されたとき、非常に強力なオペレーターが追加されたと感じました。
今回の2人はライオンほどのインパクトは感じません。
バランスにとても気を使ったのだと感じます。

Karpazisたしかにライオンは、とてもインパクトがあったと思います。
今回、アリバイはメタ変化にもなりうるし、このゲームにマインドゲームを取り入れることになります。
このゲームではプレイヤーはこれまで何かを見るとすぐに撃ちたくなるようにトレーニングされてきましたが、それとはまったく違う考えかたのオペレーターです。
とても楽しいですよ。

ーー防弾カメラを入れた理由は?
Karpazisこのゲームは諜報集めをテーマとしているので、オペレーターのキットを多様化し、諜報集めに役立つようにしました。
諜報ツールを提供するためです。
ディフェンダーにはコア・ガジェットがたくさんあります。
シールドはメイン・エントランスを守るため、コンカッショングレネードはローテーションを助ける役割があり、ガジェットがないというわけではありません。
種類を増やしたいと思いました。

ーーアタッカーがスモークを投げても防弾カメラで敵をスキャンできると、ディフューザーのプラント戦略が変わりそうですね。

Karpazisそうです。
さらに、マエストロのイービルアイでもスモークを通して見ることができます。

ーー防弾カメラは6名(※)のオペレーターが持つことができますが、この6名の中にはプロリーグではピック率が低いオペレーターもいます。
そういったオペレーターに多様性を持たせるために取り入れたのでしょうか?
(※フロスト、ドク、ミュート、キャッスル、カベイラ、ヴィジルに防弾カメラが追加されることが発表された)
Karpazisキャッスル、ドク、ヴィジルはよくプロリーグで使われています。
選ばれる確率はロードアウトの変更にはあまり関係なく、マップでいいキットを提供するためです。

ーーマップのリワークについてですが、トッププレイヤーの意見をもとに行なっているのですか?
Karpazisプロプレイヤーのみならず、あらゆるところからフィードバックをいただいています。
ネット上の意見、プロプレイヤー、開発、社内テストなどすべてです。
新しいオペレーターやマップをリリースするとプレイヤーは常に私たちが考えなかったような新しい方法でプレイします。
最初にマップバフ、そしてリワークがあります。
マップバフが適用されるクラブハウスは、さらにコンペティティブにするための細かい調整や変更が行われています。

ーー新マップ“Villa”はロングレンジの戦いが頻発しそうでしたが、どのあたりに注意を払ったのでしょうか?
Karpazisとにかく、コンペティティブ(競技的)にすることが第一でした。
防衛が強い、攻撃が強いといったバランスが悪いようにならないよう、アタッカーにもディフェンダーにも同じ機会を提供するものにしたかったのです。
このマップはもっとも混乱を招くようにできており、壁を取り外したり、床を開けたりしてディフェンダーがローテーションして動く機会が増えますが、これは同時にアタッカーに多くの照準点を与え、彼らは異なるアングルからアプローチできることになります。

ーーマエストロの固有ガジェット“イービルアイ”の置き場に迷いました。
効果的に使うには、どこに置いたらいいでしょうか?
Karpazis爆弾ポイントに設置するのがいいと思います。
人の出入りがわかり、嫌がらせすることもできます。
(デフューザーをプラント中にマエストロのガジェットに攻撃されたら中断されるのか?)プラントは中断されませんが、エコーの妖怪ドローンとは違いヘルスを減らしていくことは可能です。

ーーアリバイのガジェット”プリズマ”はどうでしょうか?先ほどプレイさせていただいた際、リスポーン・キルに見せかけて使ってみましたが……。

Karpazisそれはうまいやりかたですね。
プリズマはマインドゲームを仕掛けるのに最適です。
ガジェットを野外に投げて人目を引く(ガジェットを複数なげてどれが本物がわからなくする)ことも可能です。

これほど日本で成功するとは夢にも思わなかった
ーーOperation ParaBellumのコンセプトは?
Remy今年でシーズン10になり、『レインボーシックス シージ』ポストロンチから2年となりました。
作シーズンはPvE(対エイリアン)を導入しました。
ParaBellumではオンラインマルチプレイヤーでルーツへの回帰を明確に示しています。
今回はGIS(イタリア対テロ組織)からふたりのディフェンダーを加え、トスカーナ地方の明るい快適なマップを導入、多くの新要素を紹介しています。
新しいガジェット、防弾カメラ、オペレーターのPick &Ban、カメラUIのリファインなどの要素はマルチプレイヤー専用であり、本作の経験を最大限に改善するものです。

ーー非常に強力なライオンが追加され、その副産物として撃ち合いが多くなったと思います。
アリバイ、マエストロはライオンのアンチオペレーターになりますか?
Remyアリバイとマエストロは、どうしたら新しいゲームプレイ・テリトリーに入っていけるかを検討した結果です。
アリバイはデコイ(プリズマ)を使いますが、マインドゲームを展開してプレイヤーを騙します。
プレイヤーのスキルが非常に試されます。
『レインボーシックス シージ』では、これまで対戦相手を見た瞬間に撃つことを教えてきました。
アリバイはプリズマはデコイかもしれないのでむやみに撃ってはいけないのです。
知らずに撃てば自分の居場所をマークされてしまいますからね。
彼女の存在が、ゲームにおけるプレイヤーの反射と直感にどのようなインパクトを与えるかとても興味深いですし、本当に楽しみです。
マエストロはオペレーターとしてはクラシックなタイプでしょう。
イービルアイを使い、オブジェクティブを守るアンカーとなる存在です。
防弾デバイス、カメラを使って安全に守り、スモークも見通し、レーザーを発射して小さなダメージを与えます。
オブジェクティブに近づく敵のドローンにも効力を発揮できるでしょう。

ーーありがとうございます。
で確認ですが、シーズン3で導入される新オペレーターは、アタッカー1名とディフェンダー1名に戻りますか?
Remyはい。
これまでどおり、ディフェンダーとアタッカー1人づつに戻ります。

ーーでは、最後に……
Remyすみません。
こちらから質問をしてもいいでしょうか?私はUbisoftで長くゲームの仕事をしていますが、『レインボーシックス シージ』は欧米色の強いゲームであるにもかかわらず、日本で人気があり情熱的なファンがいることに、本当に驚いています。
これほど日本で成功するとは夢にも思いませんでした。
すばらしいプレイヤーとファン、そしてアーティストの作品も見ました。
従来はプレイステーションを中心としたコミュニティーも、どんどんPCでも発展しています。
いったい日本で何が起きているのですか??
※じつは日本の『レインボーシックス シージ』は、世界でかなり上位に入る販売本数を叩き出している。
発売から2年以上たった現在でも、毎月ある程度の販売本数があるそうで、これはUbisoftフランス本社でも、「日本でいったい何が起きているんだ?」と話題になっているという。
もはや日本は『レインボーシックス シージ』において、かなり重要なマーケットになっているようだ。

ーークリエイターに質問されたのは初めてです(笑)。
えー、これは日本のプロプレイヤーと話したのですが、本作が日本で成功を納めてるひとつの要因は、リスポーンがないことが一番のキーだと思います。
ある程度の緊張を楽しめるのが、とても好評です。
ゲームモードによってルールはいくつかありますが、どちらかのチームが全滅すればマッチが終わるという明確なルールは、FPSに馴染みがない人でもわかりやすいですよね。
ほかのFPSもシンプルなルールなものがありますが、本作はそれに加えて壁の強化や破壊と、これまで経験したことのないプレイも味わえる。
戦略が撃ち合いに勝ることもあるので、囲碁と将棋にとてもなじみのある日本人にマッチしたのかもしれません。

RemyOh、そうですか!
ーーそして、キャラクターが立っていることもとても重要な要因です。
昔、弊社でアンケートを取った際、ほかFPSタイトルよりも女性プレイヤーの比率が多かったのです。
本作のキャラクターが好きな女性プレイヤーが多く、たくさんのファンアートが描かれています。

Remyすばらしい!日本のコスプレもファンアートも、我々にポジティブなイメージを与えてくれいます。
『スプリンターセル』、『ファークライ』などもFPSですが、日本のコミュニティーは『レインボーシックス シージ』にクールなイメージを作ってくれています。

ーー『レインボーシックス シージ』のキャラクターはどれもすばらしいですよね。
設定も凝っていて、エラとゾフィアが姉妹だけど関係がギクシャクしていたり、タチャンカとフィンカ、そしてイングとエコーの関係も気になります。
サッチャーが57歳で最年長と、各キャラクターについて調べるだけでも楽しいです。
私はゲーム内にある略歴を読むのが大好きです。
また、このゲームにはシチュエーションモードがあったとしても、彼らにフォーカスしたストーリーはゲーム内にありません。
逆にそれがよかったのかもしれません。

Remyよくわかりました。
ありがとうございます。

ーーでは改めて、日本のファンにメッセージをいただけますか?
Remy日本のプレイヤー、ファンの皆さんありがとうございます。
我々にとって、このゲームの特別なコミュニティーが3つあります。
フランス、ブラジル、そして日本です!この3つのコミュニティーはそれぞれ個性がありますが、3つとも本作を受け入れて暖かくサポートしてくれています。
これは私たちにとって真の贈り物、愛です。
本当にありがとう!

今後はノンプロフェッショナル・トーナメントを増やし、プレイヤー層を厚くする
ーー年々プロリーグの規模は大きくなっているが、ここまで成長できた理由はなんだと思いますか?
Francoisこれまでesportsについていろいろ学んできましたが、このゲームはこれからesportsとして新しい段階に入ります。
プロフェッショナリズムにフォーカスするため、コンペティションのフォーマットを変更し、6ヵ月のリーグとしました。
これはプレイヤーに安定性を提供するためです。
FnaticやTeam Liquidのような大型のオーガナイニゼーションを紹介してきましたが、これは本作のesportへの理解を深め、ビュワーを増やすためです。
プロリーグへの理解が深まり、6ヵ月間という長い期間を通してどのチームがベストであるかがわかります。

ーー野良連合はRogueと善戦しましたが、これは予測できましたか?また、彼らの活躍についてコメントをください。

Francois野良連合はとても印象深い試合をしてくれました。
日本のチームはほかのチームに比べて、つねに戦略を大きく変えて臨んできます。
つぎはSix Major Pariですし、大きな大会で活躍してくれるのはとてもうれしいです。
野良連合の活躍は、我々にとっても大きな達成だと感じています。
日本はとても大事な市場であり、今後とても重要な位置を占めます。
今回野良連合がこの大会に出場できたことは本当にうれしいですし、彼らのレベルの高さに感心しました!

ーー今後はチャレンジャーリーグが本格的に始動しますが、なぜいまTier2リーグに力を入れるのでしょか?
Francois今後はesportsフォーマットの層を厚くしていく予定です。
ここではプロフェッショナルの戦いですが、本作のesportsはローカル(地方)・トーナメントから発展していくと感じています。
Ubisoftにおける私の目標は、チャンピオンシップ、ノンプロフェッショナル・トーナメントを増やし、層を厚くすることです。
もちろん、プロフェッショナル・チームも層を厚くしていきます。

ーーそれでは、プロプレイヤーの見せかたはどうでしょう。
彼らをヒーロー、魅力的なプレイヤーであると宣伝するために、Six Invitationalで公開されたEvil giniuseのビデオのようになものを定期的に作成していくといいと思ったのですか。

Francoisいい質問です。
ああいったビデオは手がけていきますので、内容については今月発表する予定です。
私にとってビデオはストーリーテリングのひとつであり、実際のスポーツ同様ヒーローを生み出す必要があります。
観客はヒーローをフォローしてなぜ彼らがプレイするのか、ゲームの背後にある人生を知り、理解することができるでしょう。

ーーPick &Banシステムについて、選手からどのような意見が出ていますか?
Francoisプレイヤーにとっては非常に大きな変更だったため、最初は「自分たちのゲームを変えられてしまった」という意見もあり、理解を得られないこともありました。
しかし私はいい時期にPick &Banシステムを導入したと思っています。
戦略的にもオペレーターの使用についてもあるパターンができており、Pick &Banは新しいアプローチとなるでしょう。
Banの段階によって戦略の変更が必要となりましたが、これは正しい決断だったと思っています。

ーーでは、プロリーグの将来的な目標はありますか?
Francoisプロリーグのつぎの段階は、マイナーイベントの数を増加していくこと、開催地を増やすこと、そしてテリトリーを広げることです。
まずはチームの成長が著しいAPACが第一目標です。
まずはチームの成長が著しいAPACが第一目標です。

ーーということは、グローバル・ファイナルがアジアで開催される可能性もあると。

Francoisアジアでのプロリーグ・ファイナルはいい判断になると思いますが、来年どうなるのかを楽しみにしてほしいです。
いずれは行くことになると思っていますよ。
いいチームが育っていますからね。
現在もファイナルでキャッシュプライズを提供していますが、これから賞金についてどう改善し、紹介して行けるか検討していきます。
いまはプレイヤーの環境、認識という意味でチームを安定させ、さらに発展するようサポートしていきたいと思います。

ーーリージョンの拡張予定は?今後、中国での『レインボーシックス シージ』公式に販売が開始されるとすると、中国をAPACに入れるか見過ごせないと思います。

FrancoisまずはAPACで見直しがあるかもしれません。
コミュニティが大きく発展し、内容も充実してきているからです。
アジア圏での発展は、本作で重要な鍵となります。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

<SAO>スマホ向けのVRゲーム配信へ 浴衣や水着姿のアスナとイチャイチャ

 【23//2018】

<SAO>スマホ向けのVRゲーム配信へ 浴衣や水着姿のアスナとイチャイチャ 


SAOは、川原礫さん作、abecさんイラストのライトノベル。
仮想空間への接続機器によってバーチャルリアリティーを実現した近未来を舞台に、さまざまなオンラインゲームを取り巻く事件が描かれている。
テレビアニメや劇場版アニメ化もされ人気を博している。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。