2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

反落、日銀会合と決算両にらみ-テクニカルも重し

 【23//2015】

 反落、日銀会合と決算両にらみ-テクニカルも重し
≪市場関係者の見方≫●新光投信の宮部大介ストラテジスト材料盛りだくさんの週だが、米国株は手掛かり材料が多い際には市場心理が落ちつくことが多い。
米国は決算に先行して下げ、ふたを開けると徐々に安心感が高まって出直りつつあり、日本も同じ状況だ。
TOPIXのPERは昨年1月以降は14-16倍のレンジで、今は14倍を少し上回ってきた。
17倍の米国などと比べ出遅れ感が強く、センチメントさえ回復すれば、上値余地がある。
日銀緩和期待は根強いが、政策変更はない可能性が高い。
それでも、来年早々への緩和期待が残り、失望売りは限定的とみる。


Category: 私なりに思う事

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る