2017 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 05

アーケードステージでの『GGXrdR』&『電撃FCI』大会、熱戦の模様をリポート

 【31//2016】

アーケードステージでの『GGXrdR』&『電撃FCI』大会、熱戦の模様をリポート 


文・取材・撮影:ライターハマ
●優勝チームからのコメントも
2016年1月30日~1月31日、千葉・幕張メッセにて開催された、ゲーム実況とゲーム大会の祭典“闘会議2016”。
30日のアーケードブースでは、アーケード用格闘ゲーム『GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-』(以下、『GGXrdR』)および『電撃文庫 FIGHTING CLIMAX IGNITION』(以下、『電撃FCI』)、2タイトルのトーナメント大会が実施された。

●プロゲーマーも参戦した『GGXrdR』部門
アーケードブースの皮切りは『GGXrdR』部門のトーナメント大会だ。
レギュレーションは2on2の早稲田式チーム戦であり、事前抽選によって選出された32チーム64名の選手たちが参戦。
この部門には『ギルティ』シリーズの対戦の聖地として知られている高田馬場ゲーセンミカドを主戦場にしているメンバーが多く出場しており、ハイレベルな戦いが予想された。
『ウルトラストリートファイターIV』で有名なプロゲーマーのネモ選手とハイタニ選手が組んで出場しており、注目チームとして観客から期待が寄せられていた。
なおトーナメント序盤では、優勝候補の一角と見られたもっちー選手(ソル)&ナゲ選手(ファウスト)のチームが姿を消すなどの波乱が見られ、非常にハードな大会となった。

激戦を勝ち上がり、準決勝に進出したのは以下の4チーム。

◆“Unusual”どぐら(シン)/まちゃぼー(カイ)
◆“『天罰-Damnation-』”『繚乱磔刑(クラック ヴィーナ)』よーすけ(アクセル)/『罪咬消滅(クライム&ペナルティ)』ほっさ(レオ)
◆“瞬神と魔人”サミット(チップ)/FAB(ポチョムキン)
◆“リベンジャーズ”小川(ザトー)/コイチ(イノ)
準決勝第1試合は“Unusual”対“『天罰-Damnation-』”。
先鋒戦はまちゃぼー選手がよーすけ選手に対し立ち回りで上回り、度重なる起き攻めと無敵技暴れを機能させてカイが勝利。
続く大将戦ではどぐら選手がビークドライバーを主軸にレオを抑えこんで主導権を握る。
レオ側は近づいたときのラッシュ力を見せて接戦に持ち込むが、最後はシンがバースト覚醒必殺技をヒットさせて勝利。
Unusualが決勝に進出。

準決勝第2試合は“リベンジャーズ”対“瞬神と魔人”。
先鋒戦の小川選手対サミット選手ではチップが空中をメインに立ちまわるものの、ザトーは焦らずじっくり地上で構えつつ要所で空対空を見せる立ち回りで応戦。
トドメにはザトーのジャンプDが空対空でヒットし小川選手が勝利。
大将戦ではコイチ選手のイノに対し、FAB選手のポチョムキンが得意とする対応能力を発揮。
固いガードとバックステップからのポチョムキンバスターが光り、FAB選手が勝利する。
決定戦ではザトーが機動力を活かしてポチョムキンに攻め込むが、FAB選手は直前ガードからのバックステップやエディ召喚行動に対し前方メガフィストなど、数々の対策を用いて対応。
ザトーの攻めをしのぎ切ることに成功し、ポチョムキンが勝利を収めた。

迎えた決勝戦は“Unusual”対“瞬神と魔人”。
先鋒戦では軽快に動きまわるサミット選手のチップに対し、どぐら選手は様子見を多めにゆっくりとしたペースで待ち構える。
チップの空中からの奇襲攻撃にはレバー前+Pで迎撃、起き攻めには無敵技を合わせ、やり込みを見せる形でシンが勝利。
大将戦では序盤はポチョムキンが爆発力を発揮して1ラウンドを先取するが、2ラウンド目以降はカイが得意な中距離戦を維持。
スキをみてスタンディッパーを差し込む奇襲も機能し、最後はスタンエッジ→黄色ロマンキャンセルから空中投げでフィニッシュ。

“闘会議2016”『GGXrdR』部門はまちゃぼー選手&どぐら選手の“Unusual”が優勝に輝いた。

優勝したまちゃぼー選手とどぐら選手には、関根氏より賞状とトロフィーが贈呈された。
以下、優勝チームコメント。

まちゃぼー選手「最適解を見せることができてよかったです。
応援ありがとうございました!」
どぐら選手「よっさん見ててくれた!?(笑)ふたりとも全勝で優勝できたのでかなりうれしいです。
応援していただいた方はありがとうございました」
表彰式の後は、関根氏より5月26日に発売が予定されている家庭用版についての新情報が一部発表された。
発表内容によると、アーケード版から続く新規ストーリー、オンライン対戦の機能追加、チュートリアルモードの一新などが予定されているようだ。

また限定版ではイラストの数々や絵コンテが収録されたビジュアルブック、ライブ楽曲が収録されたアーカイブスが同梱アイテムとして付属されるとのこと。
加えて関根氏は“まだ言えないものの新しい要素を満載して作っている最中”と話していたので、今後の情報発表に期待に期待しよう。

つぎのページでは、『電撃FCI』部門の模様をリポート。

●華やかな衣装の選手が目立った『電撃FCI』部門
続いては『電撃FCI』部門。
こちらも2on2の早稲田式チーム戦のレギュレーションが採用され、事前抽選で選ばれた32チーム64名の選手たちが出場した。
『電撃FCI』は1人が3キャラクターを使用するのだが、今回はメインキャラとサポートキャラがチーム内かぶり禁止であり、試合ごとに変更不可。
タッグパートナーでどれだけキャラ愛が強いかを競うイベントになっていた。

トーナメントには『ペルソナ』シリーズで有名なタヒチ選手&BB選手、『ブレードアークス』で活躍するししかばぶー選手&かげろー選手など、アーケード版『電撃FCI』以外のゲームをメインにプレイしているメンバーが多数参戦。
所謂“他ゲーマー”の彼らは、つい最近発売された家庭用版をメインに腕を磨いており、電撃勢との勝負に期待が集まった。

トーナメントを勝ち上がり、準決勝に進出したのは以下の4チーム。

◆“闇物質の炭酸飲料”(ダークマターのカーボニックアシッド)”炭酸(高坂桐乃・真奥貞夫)/電まさ(湊智花・折原臨也)
◆“ゆかりさ”ししど”(キリト・キノ)/よしの(湊智花・司波達也)
◆“それゆけ!しょくぱんまん”OZ(司波達也・ドクロちゃん)/にが(高坂桐乃・ヴィルヘルミナ)
◆“匠の技”バター(シャナ・ヴィルヘルミナ)/ジン(アスナ・セルティ)
他ゲーマー勢は健闘したものの、やはり上位は『電撃FCI』をメインにプレイしている選手たちが顔を揃えた結果だ。

準決勝第1試合は“闇物質の炭酸飲料”対“ゆかりさ”。
先鋒戦は炭酸選手の高い対空精度が光り、サポートの真奥を用いた独特なコンボも機能させてししど選手を下す。
大将戦は智花の同キャラ戦。
お互い1ラウンドづつを奪い合い、最終ラウンドでも拮抗した勝負をくり広げた。
残り時間が少なくなってきたところで、電まさが僅かの体力リードを守り、最後は投げを食らうもエスケープブラストでコンボを回避して逃げ切り。
炭酸飲料が決勝に駒を進める。

準決勝第2試合は“それゆけ!しょくぱんまん”対“匠の技”。
先鋒戦のOZ選手対バター選手はどちらも慎重に攻撃をぶつけにいく接戦となり、最終ラウンドまでもつれこが、最後まで集中力を切らさなかったバター選手が、地上通常攻撃を差し込んでからコンボを完走して勝利。
大将戦も大接戦となるが、最終ラウンドにお互いに体力が行き詰まった局面でジン選手が切り札を空振ってしまう痛恨のコンボミス。
にが選手はこのスキを見逃さずに、きっちりコンボを叩き込んで逆転勝利。
決定戦は一進一退の攻防となるが、バター選手が切り札を2枚残す状態で最終ラウンドに突入。
この有利状況を利用し、切り札を用いたコンボを2回連続で叩き込むことに成功したシャナがあっという間に勝利。
“匠の技”が決勝戦に進出する。

そしてこの日最後の戦いとなる決勝戦。
先鋒戦のバター選手対電まさ選手では智花が最初にペースを掴み、あと少しで2ラウンド連取というところまでシャナを追い込むものの、タイムアップ間近にシャナが渾身の投げをキメて逆転。
最終ラウンドでは智花が体力リードを奪うが、終盤戦でまたも魂の入ったシャナの投げが2連続で決まり、先鋒戦はバター選手が勝利。
大将戦のジン選手対炭酸選手では先にジン選手が1ラウンドを勝利し、優勝にリーチをかける。
しかしここで踏ん張った炭酸選手が立ちB、パワーアップブラスト、ダッシュでの潜りなど、各種対空行動を機能させて2ラウンド奪い返すことに成功し、勝負は決定戦へ委ねられる。
最終試合では桐乃がアスリートダッシュを主軸にプレッシャーをかけ、シャナが落ち着いた立ち回りで応じる形の接戦となり、勝負は最終ラウンドまでもつれ込む。
最初に体力リードを奪ったのは桐乃だったが、後半にはシャナが切り札状態で怒涛の攻めを見せて、両者の体力は残り僅かに。
この流れのまま決めたいシャナだったが、一瞬のスキを付いた桐乃の投げがフィニッシュブローとなり、勝利したのは炭酸選手。

“闘会議2016”『電撃FCI』部門は“闇物質の炭酸飲料(ダークマターのカーボニックアシッド)”チームが優勝を果たした。

優勝した電まさ選手と炭酸選手には、ゲストの寺田Dより賞状とトロフィーが贈呈された。
以下、優勝チームコメント。

電まさ選手「会場にいる人は、誰も自分たちのチームが優勝すると思ってなかったと思うのですが、それでも優勝できる『電撃FCI』はいいゲームだと思います」
炭酸選手「今日は炭酸が抜けずにバターを溶かすことができました(笑)。
『電撃FCI』はいろいろなサポートキャラを選べるいいゲームなので、みなさんもレアなサポートキャラに光を与えてあげてください」
2大会の模様はタイムシフトでも視聴可能。
白熱した試合模様を、ぜひチェックしていただきたい。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る