2017 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 08

「『チェンクロ』絆の大感謝祭」で「チェインクロニクル 3」など怒濤の新発表!

 【31//2016】

「『チェンクロ』絆の大感謝祭」で「チェインクロニクル 3」など怒濤の新発表!


7月31日、セガゲームスのAndroid/iOS用チェインシナリオRPG「チェインクロニクル ~絆の新大陸~」のファン感謝イベント“「絆の大感謝祭」ファンミーティング2016”において、新情報の発表を行なった。


最後に予定されていた「重大発表」のコーナーを前に会場はギッシリとファンで埋め尽くされた。
ステージには、「チェインクロニクル」総合ディレクターの松永純氏、開発ディレクターの山浦大輔氏、運営ディレクターの小林央氏をはじめ、声優の石田彰さん、緑川光さん、今井麻美さん、内田彩さん、柳田淳一さんが登壇。
新規情報に対しても様々な質問をぶつけていた。

発表されたのは、この冬のサービス開始を予定している「チェインクロニクル3」に関する情報を筆頭に、「絆の新大陸 Sequels」の新情報、さらにはTVアニメ「チェインクロニクル ~ヘクセイタスの閃(ひかり)~」に関する話題もオープンとなった。

■「チェインクロニクル3」の最新情報が明らかに!
「チェインクロニクル3」では、5つの場所でメインストーリーが同時に進行しやがてそれぞれの主人公達の物語が交錯していくドラマチックなものとなる。
そして、主人公たちを助ける存在としてユグドを救った義勇軍の英雄たちが登場し、より奥深いドラマが語られる。


松永純氏は新発表に先駆け「3部の内容を全部出します!」と語り、会場のテンションはヒートアップ。
声優陣も「歓声が凄くて鳥肌止まらなかった」と言うほどの盛り上がりをみせた。
ちなみに「3」となっているが、松永氏曰く「ものすごく変わったので(進化したので)『3』と言ってみただけで、別のアプリではないですし、今までのキャラクターを使って遊べます」ということなので安心して欲しい。
いわゆる「Ver 3.0」にあたる。

前述の通り「チェインクロニクル3」では、5本のメインストーリーが絡み合って進行する。
王都の復興から「チェインクロニクル」の王道ストーリーそのままに楽しめる「王都」篇。
ユグドが平和になって、不要になったアルカナ達が、それでも、これまで待ち望んでいた平和を守り、前向きに過ごしていく「賢者の塔」ではいわゆる学園モノ、熱血スポ根モノ、友情モノといったこれまでの違ったテイスト楽しめるのが「賢者の塔」篇。

このほかにも、新種族が登場し、アウトローな主人公達が旅を繰り広げるロードムービーとなる「炎の九領」篇、「千夜一夜物語」のような歌あり踊りありのミュージカル風の「砂漠の湖都」、人間ではないキャラクターが想像もつかないようなストーリーを紡ぎ上げる「精霊島」が用意されている。

松永氏によれば、どの物語からスタートさせるかはプレーヤーに委ねられており、「好きなところから初めてもらえればいい」と語る。
この5つの物語は密接に絡み合っており、制作もかなりハードルの高いチャレンジとなっているようだ。
現在シナリオライター陣が悩みながら制作中だという。
また、これまで物語の追加更新には2~3カ月ごとだったが、5つのストーリーを同時に順次進めていけるよう、間を開けずにリリースしていきたいとしている。
声優陣から「大丈夫ですか?」と訪ねられると、松永氏は「がんばります!」土地から強く言い切った。

新ストーリーは、新しく登場する主人公達によるものだが、では、これまでのキャラクター達が登場しないかというと、そうではない。
伝説の義勇軍のメンバーは5年経ち、成長した姿で新キャラクター達少年少女を助ける存在として登場する。
例えばカインはガーディアンギルドのギルド長として登場。
「チェインクロニクル3」では、これまで“始まりの村”だったものが“始まりの町”と大きくなり、カインはその町の頼りがいのあるギルド長として、いきなり大活躍するという。
このほかにも、若き三つ星教授となり「賢者の塔」に挑む主人公達を導くフィリアナ。
本来の役目から抜け、巡礼の旅をしているリリスは、5つの物語のあちこちに登場するという。

もちろんこの3名だけでなく、義勇軍のメンバーはメインストーリーにどんどん登場するという。
松永氏は「今まで育てたキャラクター達が『こんな風に成長したんだ!』と感じられると思います」と説明。


システム面でも数々の面でパワーアップしている。
これまでの説明の通り5つの物語が絡み合って進行するが、物語がどのように進行しているかを目で追うことができる「シナリオルートマップ」が搭載される。
分岐図のようになっており、物語がどこで交錯するのか一目でわかるようになっている。

また、トップ画面も大きく変わるという。
チビキャラが表示され、イベントがあればしゃべって知らせてくれたり、例えばオススメのシナリオを薦めてくれる機能などの実装も考えられているという。
また、魔神イベントがあればチビキャラのところに魔人が登場したり、バラエティ感のあるトップ画面になるという。

また、会場から大きな拍手で迎えられたのが、成長アルカナをスタック化する機能。
まとめることができるため、使い勝手が各段に向上する。
画面デザインはより遊びやすく進化している。

バトル面では、新世代キャラクターと“伝説の義勇軍”を共に戦わせると一定確率でスキルを伝授する「伝授システム」を搭載。
“伝授”を行ない絆設定すると、新キャラクターがキャラクター固有のスキルを使用することができるようになる。
ではこれまで育てたキャラクターは不要になるかというとそうではない。
あくまでも使えるのはスキルのみで、アビリティは今まで通りだという。
松永氏は「新旧キャラクターをパーティに入れて、育っていくのを楽しんで欲しい」とコメント。

ほかにも、キャラクターを使い続けるとレベルアップしていく「親愛度」システムがファンにも大喝采だった。
これは新たに加わるパラメーターで、使い続けるとレベルが上がっていくシステム。
バージョンが違うキャラクターにもパラメーターを引き継げていくことができるので、好きなキャラクターを延々と育て上げることができる。
当初はパラメーターのアップによりボーナスの取得も考えられていると言うが、ある程度上げるとそこからは先はジュンスに「キャラクターへの愛」が問われることになる。

「親愛度」システムに関しては声優陣からも多くの質問が寄せられた。
まず、「親愛度」にカンストはなく、どこまでもアップさせることが出来るという。
さらに、「親愛度」はフレンド画面にも表示されるため、人よりも上げて“キャラクター愛”を自慢することができる。
また、勝敗には関係なく、バトルに負けても下がることはないという。

ひとつのアルカナ枠にふたりのキャラクターが入る「バディ」システムについても触れられた。
ガードしたり様々な能力を持った使い魔とか魔神などをお供にすることで、これまでとは違ったパーティ構成やバトルが楽しめそうだ。
ちなみに、バディの飼い主がやられると使い魔も帰っていく(使い魔だけが戦い続けることはできない)。

最後に松永氏は「すでにプレーヤーのみなさんは、SSRのキャラクターのパーティを組んでいて、新鮮な楽しさないのではないかと思う。
第3部になって新しいストーリーの楽しさ、キャラクターを育てる楽しさ、また新鮮な気持ちで第3部を楽しんで欲しい」をファンにアピールした。
ちなみにセガゲームスでは来週新作の発表を予定しており、「チェインクロニクル」のチームが制作に関与しているという。
この点について松永氏は「こういった報道によって『チェインクロニクル3』に影響があると思うかもしれないが、「チェインクロニクル3」は本気で作っている!必死で考えながら運営もやっている。
3部は3部でキチンと作っています!」と語り、ファンに向け安心して欲しいと語っている。

■“絆の新大陸 Sequels”第2~第4弾が今秋配信決定!
「チェインクロニクル3」のリリースに向け、楽しんで欲しいということで「Sequels」が制作されているが、残り3作の内容が明らかになった。
これらでは第2部の後日談だけでなく、第3部のプロローグ的に意味合いもあるという。

第2弾「義勇軍メンバー篇」は、義勇軍の中心メンバーの物語で、メンバーが総登場するの豪華なものになっているという。
第3弾「リリス・テレサ篇」は、成長したリリスの物語で、3部への伏線が盛り込まれている。
そしてラストの「主人公・フィーナ篇」は、第2部のエンディング後の物語で、少しだけ3部への流れが描かれるという。

配信は今秋を予定している。

■TVアニメ「チェインクロニクル ~ヘクセイタスの閃(ひかり)~」のキャストを公開
TVアニメ「チェインクロニクル ~ヘクセイタスの閃(ひかり)~」のキャスト陣が公開され、同時に新しいプロモーションビデオも公開された。

ステージにはアニメの制作を手がけるテレコムの浄園 祐氏が登場。
内容について「キャラクター+アクションが見所。
鎧や馬など、作画担当にとっては苦行とも言える大変そうなアニメだが、画面映えするよう作っている」と挨拶。


すでに収録を行なっている石田さんは「3話まで収録終っていますが、これまでユーリはプレーヤーとしてのキャラクターだったので、ゲームの中ではみなさん、うなずくことくらいでした。
アニメでは義勇軍のリーダーらしい行動を取るし、主人公としてどのように振る舞えば良いのか、試行錯誤中」と役作り行なっているとところだという。

一方シュザを演じる緑川さんは「シュザは1話から出てきます。
それと、(アニメ版を)ひとことで『祭りです』」と説明。

松永氏はゲーム版の「チェインクロニクル」がとにかくキャラクターの多い作品であることに触れ、アニメ版でもとにかく多くのキャラクターが登場するという。
収録時のスタジオも「キャラクター全てではないのに、椅子でいっぱいになっていた()松永氏」というほどだ。
ちなみにゲームでは1人の声優さんが複数キャラクターを演じているが、アニメは一人一役となっている。

今井さんは「演じることになったミシディアは、義勇軍の中でも大切な役で、プレッシャーがすごい」と感想を述べた。
内田さんも「まさかのマリナ。
義勇軍初期メンバーとして(ゲームでも)お世話になった。
収録にあたって、クエストをもう1回プレイし直しました。
新しいマリナとして見てもらえるようがんばりたい」とコメント。
柳田さんは「ヴェルナーを演じますが、アニメ版はシリーズ物ということで、再構築していきたい。
より激しく、より暴れられるように」と語った。

見所として石田さんは「普通の冒険だったら仲間と出会うところから始まりますが、『チェンクロ』のアニメはすっ飛ばしてインパクトのある始まり方をする」ということで、スピーディな展開となりそうだ。

また、緑川さんは「マニアックかもしれませんが……」と前置きをしながらも、「モブシーンで名も無い兵士が戦っているところを見て欲しい。
こういった場面でも『(クオリティの高い)絵に負けたくない』という想いから手を抜かずに(声優陣が)演じているのでクオリティが上がっている」と語った。

今井さんもクオリティについて触れ、「シナリオの緩急が素晴らしい。
1本がすぐに終ってしまい続きが気になる。
コミカルなシーンやシリアスなシーンもあり、主人公の苦悩もしっかり描かれている」と、構成の妙を湛えた。

浄園氏は「制作時間も十分とっており、甲冑のきめ細やかなところとか、原作の絵を崩さないところとか、良いアニメになってきている」と自信を見せる。
松永氏も「キャラクターが本当に格好いい! ゲームではいろいろなデザイナーさんが各キャラクターを描いているが、1つの画風にまとめて、それがカッコ良くて、しっくりくるのはすごい」とクオリティにお墨付きを与えた。

ユーリ:石田彰
フィーナ:佐倉綾音
ピリカ:内田真礼
カイン:豊永利行
マリナ:内田彩
ミシディア:今井麻美
シュザ:緑川光
ユリアナ:小岩井ことり
ヴェルナー:柳田淳一
ファティマ:佐藤美由希
ラファーガ:日野聡
リリス:伊藤美来
キキ:村川梨衣
ロロ:大坪由佳

©SEGA
©SEGA/ チェンクロ・フィルムパートナーズ


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る