2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

『アイマス ミリオンライブ!』の新CD『THE@TER ACTIVITIES 01』リリース記念イベントが開催! 5人のキャストが即興で物語作りに挑戦

 【31//2016】

『アイマス ミリオンライブ!』の新CD『THE@TER ACTIVITIES 01』リリース記念イベントが開催! 5人のキャストが即興で物語作りに挑戦


文・取材:ライター イズミロボ・ササ
●CD新シリーズ第1弾の声優陣が出演!
人気ゲーム『アイドルマスター ミリオンライブ!』の新たなCDシリーズとなる、『THE IDOLM@STER THE@TER ACTIVITIES』。
“ミリオンスターズ37人が映画に出ることになった”という設定のもと、楽曲に加え、映画内の役割を演じるアイドルたちのボイスドラマを収録した新基軸のシリーズで、“剣と魔法のファンタジー”がテーマの『01』、“任侠映画”がテーマの『02』、“学園ホラー”がテーマの『03』の3タイトルのリリースが決定している。

2016年10月30日、その第1弾『THE IDOLM@STER THE@TER ACTIVITIES 01』の発売を記念したイベントが、神奈川県の横浜ベイホールにて開催された。
イベントは2部制で行われたが、もちろんどちらの部も、多くのプロデューサー(ファン)が来場して大盛況。
ここでは16時スタートの部の模様をリポートしよう。

今回のイベントに出演したのは、『01』に登場するアイドルを演じたキャスト陣。
伊藤美来さん(勇者:七尾百合子 役)、小岩井ことりさん(魔王:天空橋朋花 役)、麻倉ももさん(妖精:箱崎星梨花 役)、村川梨衣さん(四天王:松田亜利沙 役)、中村温姫さん(村人A:ロコ 役)の5人だ。
ステージに登場した5人は、それぞれあいさつとともに、「ミリッホー!!」の掛け声で、来場者とコール&レスポンス。
大きな歓声と熱気のなか、イベントがスタートした。

オープニングは“裏話トーク”で、『01』収録に関するさまざまなエピソードが、出演メンバーより語られた。
ここでは中村さんが「カッコいい曲を歌ったのは初めて!」という感想で口火を切ると、「戦いの必死感を出したかったので、『創造は始まりの風を連れて』は、ひとつキーを上げて収録しました」(伊藤さん)、「『DIAMOND DAYS』は、先輩方が歌ってきた曲調というか、765イズムを感じましたね」(中村さん)など、各人が収録曲についてコメント。

またドラマパートに関しても、「百合子であんなにしゃべるのは初めてかも」(伊藤さん)、「きっと朋花なら、魔王でもちゃんと演じてくれるかと思いました」(小岩井さん)、「妖精に選んでいただきうれしかったです」(麻倉さん)と、貴重な収録エピソードや感想が披露された。

●スピンオフのドラマを生アフレコ!
続いてのコーナーは、“スピンオフ 『リリィ・クエスト』を作ろう!”。
これはCDに収録されている物語『リリィ・クエスト』のスピンオフストーリーを作ろうという企画だ。

まずパート1は、クジによってメインアイドルと3つのキーワードを決め、その後各メンバーがジャンケンで決めた順番に従い、お話をアドリブでつなげて創作するという内容。
5人がリレーで話をつないで、しかも3つのキーワードを入れ込みながら物語を完成させなければならないという、なかなか難易度の高いゲームだ。
ちなみにアイドルとキーワード、そしてメンバーが速攻で語ったリレー物語の概要は、以下のとおり。

◆第1回
メイン/松田亜利沙
キーワード/借金、相対性理論、ハダカ
1.伊藤さん
昔々、あるところに亜利沙という少女がいました。
少女はとても美しく、アイドルが大好きに育ちました。

2.小岩井さん
そんな亜利沙はアイドルのブロマイドを買いすぎて、「借金」を抱えてしまいました。

3.村川さん
借金を抱えた亜利沙は、とても泣きました。
泣き続けた結果、亜利沙は「相対性理論」を発見しました。

4.麻倉さん
そして天才の称号をもらえる代わりに、頭が前よりもパーになってしまって、人間の常識が通じなくなり、服を着るという行為さえできなくなってしまいました。

5.中村さん
亜利沙は才能とともに、衣食住すべてを失うこととなり、「ハダカ」で生活しました。

◆第2回
メイン/天空橋朋花
キーワード/伝説の鎧、ポテトチップ、ダジャレ(orダジャレを言う)
1.麻倉さん
ある国に、朋花という、一度も城からでたことがないキレイなお姫さまがいました。
朋花姫はある日、家臣たちの会話を聞いて、「ポテトチップ」というおいしい食べ物があると知り、とても気になりました。

2.伊藤さん
そのポテトチップを探すため、家臣より「伝説の鎧」をもらい、朋花姫は旅に出る決心をしました。

3.村川さん
とはいえ、鎧は少々重かったので、朋花姫は置いていくことにしました。

4.小岩井さん
それでも、ポテトチップを食べてみたかった朋花姫は、ある村に着きました。
そこでは、「ダジャレ」がお金の価値を持っていました。
朋花姫は、ポテトチップをもらう代わりに、最高のダジャレを披露しました。
こう言いました!

5.中村さん
ポテトチップの代わりにチップをくれい!
どちらも意表を突くユニークなストーリー展開に、会場は大きな声援や笑いに包まれた。
2回ともオチ要員は中村さんだったが、とくに2回目は大きく無茶振りをされ、演じる際には会場がひときわ笑い声で盛り上がっていた。

そしてパート2はお笑い企画から一変し、“『リリィ・クエスト』 エピローグ アフターストーリー”の、生アフレココーナーに。
ドラマは映画の舞台あいさつまえのワンシーンという設定で、直前に勇者の剣や魔王のサーベルが紛失してしまうというドタバタ劇。
来場者との掛け声のやり取りも含め、ライブならではの臨場感あふれるアフレコが披露された。

●ラストはライブでヒートアップ!
イベントのラストは、ファンお待ちかねの楽曲ライブだ。
『01』に収録されている『創造は始まりの風を連れて』と、『DIAMOND DAYS』の2曲を、出演メンバー全員が力強く歌唱。
いずれもライブ初披露ということで、会場の盛り上がりも最高潮となり、イベントは歓声鳴り止まぬ中、終了となった。

最後に、フィナーレでのキャスト陣のコメントを以下に紹介して、リポートを締めくくろう。

◆村川さん
今回は亜利沙に限らず、多くのアイドルに投票していただいてありがとうございました。
新しい物語や歌に参加できてうれしかったので、とても感謝しております。
今後のシリーズも、引き続きよろしくお願いいたします!
◆中村さん
ファンの方、プロデューサーさんたちの、ロコを出したいという思いに応えられたかな……?これからもがんばっていきますので、応援よろしくお願いします!みんなまた会おうね!
◆伊藤さん
百合子が勇者に決まったときは本当に感激しました。
映画を作る設定のCDで、キャラがありつつも違う役を演じるのが、新鮮で楽しかったです。
百合子を勇者にしてくれてありがとうございました!
◆麻倉さん
今回は投票でのオーディションということでドキドキだったんですが、妖精役にしていただきました。
私自身、妖精の星梨花は見たかったので、ファンの皆さまの力で見せてもらえたことがとてもうれしいです!
◆小岩井さん
大勢のステキなアイドルのなかで、この5人を選んでいただいたプロデューサーのみなさまに感謝しています。
3月のイベントではまた会えますよね、約束ですよ!


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る