2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

「World of Tanks」今後のアップデート計画を公開

 【20//2016】

「World of Tanks」今後のアップデート計画を公開


Wargamingは、モスクワで実施されたイベント「WG Fest」で発表された、PC版「World of Tanks」における今後のアップデート内容の詳細を公開した。


アップデートでは、主にプレミアム車輌の性能変更や、マッチングシステム・技術ツリーの見直し、新車輌の追加が行なわれる。
かつての「World of Tanks」に比べ、車輌やマップなどが追加された現状のゲームバランスでは、過去に登場した車輌はやや力不足であったり、マッチングにおいてもパワーバランスの偏りが見られた。

公開されたアップデート内容では、そういったパワーバランスの是正に重点が置かれるということが読み取れる。
各項目の詳細はこちらのページを参照していただきたい。

■アップデート詳細□プレミアム車輌のバランス調整
過去実装されたプレミアム車輌を、現在の状況に合わせてバランス調整。
3回のアップデートに分けて、各Tierにふさわしい性能へと変更される。

・A-32
・59-Patton
・M56 Scorpion
・112
・STA-2
・Pz.Kpfw. V/IV Alpha
・Heavy Tank No. VI
・Skoda T 40

・VK 45.03
・112

・FV4202
・Panther mit 8,8 cm L/71
・Lowe
・WZ111
・M4A1 Revalorise
・STA-2
・112
・T34
・M46 Patton KR
・T26A4 SuperPershing
□新車輌
□技術ツリーの見直し
ドイツ、日本、アメリカの技術ツリーを、現状のゲームバランスや歴史的背景に基いてより適切な形に変更。

□マッチメイカーの改良
対戦におけるマッチングシステムのテンプレートを刷新。
「Tier差が3段階を超える小隊の廃止」や、「各チーム自走砲は3両まで」等の変更を実施し、チーム編成の偏りによる圧勝または惨敗を抑制する。

□サンドボックス・サーバー第2弾
プレーヤーと開発チームがバランステストを実施する特別サーバー「サンドボックス」第2弾が2017年よりリリースされる。
第1弾では各車輌の役割の大幅な変更がテストされた。
第2弾では、2回のフェーズに分けて、各車輌の射撃精度や貫通力減衰、自走砲や消耗品のチューンが行なわれる予定。

©Wargaming.net


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る