2017 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 05

ゲーム中の女の子の匂いが……! 香りを届けるVRデバイス登場

 【17//2017】

ゲーム中の女の子の匂いが……! 香りを届けるVRデバイス登場


VAQSO(バクソウ)は、“匂い”を出力するVRデバイス「VAQSO VR」を発表した。
今後ゲームメーカーなどBtoB向けにビジネスを行ない、ゲームなどのコンテンツに合わせた展開をしていくという。
2017年春には企業と共に開発を進め、2017年冬にはリリースを見越しているという。


今回説明を行なったのはVAQSOのCEOを務める川口健太郎氏。
川口氏はZaaZ(ザーズ)のCEOも務めている。
ZaaZこれまで“匂い”のビジネスを展開しており、店に匂いの出力装置を設置することで様々な匂いで空間を満たしてきた。
読書ルームで、電子書籍の展開に合わせて匂いを出力したり、自動販売機やポスターから匂いを発せさせて販促効果を増したりなど、様々なビジネスを行なっている。
「VAQSO VR」はこのZaaZのビジネスと技術を応用したものだ。

現在はまだ試作品であるが、「VAQSO VR」はお菓子の「スニッカーズ」と同じくらいのサイズ、12×3.5×1.5cm(幅×高さ×厚さ)。
これをマグネット型のアタッチメントでVRゴーグルの下に取り付ける。
制御は通信で行ない、ゲームなどのコンテンツの状況に合わせて匂いを発生させる。

試作品は3つの匂いカートリッジを内蔵しており、ゲーム展開に合わせて発せられる信号に合わせてカートリッジの前面のシャッターが開き、機械に内蔵されているファンによって匂いを使用者に届ける。
「VAQSO VR」はバッテリーで駆動し、アタッチメントはPS VRやHTC VIVEなど様々なVRゴーグルに取り付けるだけで可能だという。

カートリッジの匂いの保持は1カ月、数十時間分のプレイで匂いを発生させることができるとのこと。
製品版ではカートリッジを簡単に交換できるようになり、5つ以上の匂いを装着できるようにしたいとのこと。
ゲームに合わせたカートリッジセットが用意され、コンテンツに合わせてカートリッジを交換して使用するイメージだという。

今回はデモンストレーション用のゲームが用意されており、クレー射撃のように向かってくる標的を撃つなかで、銃を撃つと硝煙の匂いが香り、桃の標的を撃つと桃の匂いが香る。
そして、ゲームの終盤に画面の奥から女の子が走ってきて目の前に来るとシャンプーの香りが香るという展開になっていた。

他にもフライドチキンの香りや、定番のカレー、檜の匂いなど様々な匂いを演出可能。
「バイオハザード」などのホラーゲームならば、何かが腐ったような香り、下水の匂いなど不快な匂いも可能で、今後コンテンツに合わせた展開を考えているという。
ファンを制御することで、対象の距離に合わせた匂いの強弱も実現可能とのこと。

VAQSOは作業する場所は東京だが、会社そのものはサンフランシスコで立ち上げられた。
会社はシリコンバレー周辺の方が、資金調達に有利であることから、本社を米国に置いたという。
スペシャルアドバイザーとしては、「黒川塾」などで、ゲームやエンターテイメント業界でオピニオンリーダーとして活躍する黒川文雄氏が参加している。
黒川氏の経験や人脈を活かし、VRコンテンツに“匂い”という新しい要素を加えたコンテンツを開発していきたいと川口氏は語った。

「匂い」というのは、これまでもテレビや映画館などでテストされた要素だが、まだコンテンツの成功例として出ていない分野である。
個人的にはやはり不快な匂いは危険な気がするし、視覚や聴覚ほどに“体験”を強めてくれるかまだ見えないところがある。
実は現在匂いを感じさせるVR機器は3種類でており、「VAQSO VR」はその手軽さ、そして匂いの研究というところで大きなアドバンテージがあるとのこと。
とてもユニークなチャレンジであり、応援したいところだ。



Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る