2017 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 03

「ドラゴンネストR」1月アップデート「ナイトメマギカ」実装

 【18//2017】

「ドラゴンネストR」1月アップデート「ナイトメマギカ」実装


NHNハンゲームは、1月25日にWindows用MMORPG「ドラゴンネストR」のアップデートを実施する。
当アップデートにおいては、去年9月に実施されたオフラインイベントでも発表されていた「ソーサレス」の新クラスである「ナイトメアマギカ」が実装されるほか、新たなリバース・ネストや、ダンジョンの難易度追加なども予定されている。


今回も、アップデートの内容について「ドラゴンネストR」日本サービスプロジェクトリーダーのYAMAMOTO氏にお話をうかがうことができたので、さっそくその内容を各項目に分けてお伝えしていこう。

■勝利のカギは変身状態にあり。
「逢魔契印」&「契約強化」が使いこなすポイント!
「ナイトメアマギカ」は外伝キャラクターとしては4人目で、闇の外伝キャラクター。
これまでの闇の外伝キャラクターの設定として、「ダークアベンジャー」が闇の力に飲み込まれ、「アークヘレティック」は闇の力を制御する、といったものが用意されていたが、「ナイトメアマギカ」は正義を偽善だと考えており、強い魔力を追い求めるあまり禁忌とされる魔法を利用して悪夢のなかに潜む存在と契約を交わす……という形で闇の力を行使することになる。

そんな「ナイトメアマギカ」は、基本職業の「マギカ」から始まり、Lv.50の転職クエストを経て「ナイトメアマギカ」へと覚醒する。
こちらはほかの外伝キャラクターと同様に転職ラインは1つのみだ。
「マギカ」のときは中~遠距離で戦えるスキルが中心で、「ナイトメアマギカ」変身後はスキルの性質が近距離特化型へと変化するという、闇属性のダメージディーラーとして活躍できる。

基本的には「ソーサレス」の流れを汲むキャラクターなので変身後の接近戦は危険がともなうが、瞬間移動+攻撃が行なえる「デスサイズ」、一定時間無敵になる「ハイドシャドー」など、回避スキルの種類が充実している。
ゆえに、これらを活用しながらできるだけ被ダメージを減らすような立ち回りをしていく、中~上級者向けのキャラクターとなりそうだ。

「マギカ」が「ナイトメアマギカ」へと変身するには「ナイトメアフォーゼ」というスキルを使用しなければならず、そのためには「逢魔契印(おうまけいいん)」を50以上溜める必要がある。
この「逢魔契印」は「メアズウェイブ」などに代表される「マギカ」の基本的なスキルを敵に攻撃を当てることで溜まっていく。

また、「マギカ(ナイトメアマギカ」は「逢魔契印」のほかにも「契約強化」という状態を合わせ持つ。
これはパッシブスキルの攻撃を当てることで獲得できるもので、「契約強化」状態中は、例えば「メアズウェイブ」ならば連係攻撃が可能になる、といった特別な効果が発揮される。
連係攻撃を使えば「逢魔契印」も溜めやすくなるので、変身できるチャンスがそのぶん増えていく、というわけだ。

それを踏まえて、ふだんは「契約強化」を獲得しつつ戦い、「逢魔契印」を素早く溜めて変身の機会を増やす、といった戦い方をしていくことになるだろう。
ちなみに「契約強化」の効果は変身中も適用されるため、上手く使えばより大きなダメージを効率的に与えていくことも可能となる。

「ナイトメアマギカ」の状態においては、メインスキルの使用形態が大きく変化する。
例えば「メアズウェイブ」はスキル動作が目の前で鎌を振るうものに変わり、「シャドーエンゲージ」なら大きく鎌を振り下ろすものになる。
「ブラッドストライク」は自らが一瞬にして突進するものへ変わる。
といった具合だ。
スキルの射程距離はいずれも短いために接近戦を強いられることになるが、先にも述べたように回避スキルは豊富なので、それらを合わせて使うことでうまく戦っていきたい。

注意したいのは、「ナイトメアマギカ」は変身状態を長時間維持できないという点。
「逢魔契印」は変身直後から減少していき、ゲージが最大の状態で変身したとしても約30秒程度で変身が解除される。
変身中に「逢魔契印」を回復する術はないため、変身が解ける前に「インヘイル」という後方に移動するスキルを使って安全圏へと脱出しておくのが常套手段となりそうだ。
なお、「マギカ」ならびに「ナイトメアマギカ」の代表的なスキルについては以下の通り。

□「ナイトメアマギカ」を作るなら今がチャンス!
「ナイトメアマギカ」は、これまでの外伝キャラクターがそうだったように、時限開放のキャラクターとなっている。
そのため、「ナイトメアマギカ」を使ってプレイしたいのであれば、今のうちに作っておくのがベストだ。
「マギカ」、「ナイトメアマギカ」ともにスキル習得時のゴールドは消費されないので、その点は新規プレーヤーでも安心してほしい。
なお、この開放期間は3月アップデートのメンテナンス前までとのこと。

この「ナイトメアマギカ」開放期間中は、過去に登場した外伝キャラクター(ダークアベンジャー、シルバーハンター、アークヘレティック)も作成することができる。
前回、それらを作りそこねていたプレーヤーはこの機会を利用して外伝キャラクターを作成しておくといいだろう。
ちなみに、チュートリアルを終え、マナレージに入場するとミッション達成となり、ゲーム内の郵便にて「特別なアイテム」が支給される。
こちらも忘れずに獲得してほしい。

■「特別なアイテム」内容
[ナイトメアマギカの始まり]
・20ラッキーメダル
・Lv.60 +10武器/防具セット
・Lv.60 エピック竜珠セット(魔法攻撃/HP能力値基本オプション)
・Lv.60 エピック 紋章セット(魔法攻撃/物理防御/魔法防御/HP、能力値基本オプション)
・ナイトメアマギカLv.60報酬アバターパッケージ(アルプトラオムアバター)
・ナイトメアマギカへの道
※「ナイトメアマギカの始まり」はLv.60以上でオープン可能で、30日を経過すると消滅します。

[ナイトメアマギカへの道]
・Lv.93 +8「烈躯のコアトル」装備セット
・ナイトメアカリブー(ナイトメアマギカ専用乗り物)
・ナイトメアマギカLv.93報酬アバターパッケージ(ゴーシュファルクスアバター)
※「ナイトメアマギカへの道」はLv.93以上でオープン可能で、30日を経過すると消滅します。

■「ナイトメアマギカ」以外にもまだある! 1月アップデート内容を合わせて紹介
今回のアップデートは、メインの「ナイトメアマギカ」以外にも、いくつかのアップデートが実施される。
また、本稿の最後には「ドラゴンネストR」初の試みである「ドラゴン討伐世界大会」についての情報や、今後のアップデート予定についても掲載したので、そちらにもぜひ目を通していただきたい。

□「リバース・シードラゴンネスト」登場!
Lv.40のネストにして初のドラゴンネストであった「シードラゴンネスト」がリメイクされ、Lv.93以上を対象とした「リバース・シードラゴンネスト」として復活。
敵の攻撃パターンやギミックなどが増えたり変化するといった調整が施されており、経験者も新鮮な気持ちで楽しむことができそうだ。
また、入手できる報酬として、初実装の「ナビリス防具」、「ナビリス武器」をはじめ、「大地のキューブ」、「エヴォハンマーのかけら:コアトル」といったものが期待できるのもうれしい。

■「リバース・シードラゴンネスト」概要
・入場レベル:Lv.93以上
・入場人数:1~4人
・週間クリア回数制限:ノーマル(3回)/ハードコア(3回)
・復活可能回数:ノーマル(無制限)/ハードコア(3回)
・入場ゲート:セントヘイブン → 時空の庭園(Lv.93) → 西側「リバース・シードラゴンネスト」ゲート
・入場クエスト:セントヘイブン噴水前のフリーからクエストを受諾可能
■報酬内容(ノーマル期待報酬)
・ナビリス防具
・至高のコアトル装備
・能力強化紋章プレート
・大地のキューブ
・エヴォハンマーのかけら:コアトル
・上級生命の清水
■報酬内容(ハードコア期待報酬)
・ナビリス武器
・至高のコアトル武器/防具
・至高のコアトルアクセサリー
・能力強化紋章プレート
・大地のキューブ
・深緋のキューブ
・エヴォハンマーのかけら:コアトル
□最大2人で挑戦可能! 「イビルゲート(ハードコア)」実装
「イビルゲート」に新たな難易度としてハードコアが実装される。
入場レベルはLv.93以上で、これまでは1人用のみだった「イビルゲート」が最大2人でプレイできるようになった。
ただし、それで決して楽になるということではないようで、ハードコアの名に恥じない高難易度ダンジョンとしてプレーヤーを待ち受ける。

11層ならびに12層クリア時に獲得できる報酬「高級キューブ袋」からはレアな素材の1つ「翡翠のキューブ」が出現する可能性がある。
この「高級キューブ袋」は、11層クリアなら1個、12層クリアなら2個の獲得が確定するので、「翡翠のキューブ」を求めて挑戦してみるのも手だ。

■「イビルゲート(ハードコア)」概要
・入場レベル:Lv.93以上
・入場人数:1~2人
・週間クリア回数制限:3回(4層をクリアした時点で1カウント)
・復活可能回数:復活不可(ボス層をクリアするとその時点で復活)
・入場ゲート:セントヘイブン → 時空の庭園(Lv.93) → 北西側「イビルゲート入口」ゲート
・入場クエスト:ショートカットキー「U」を押してクエストウィンドウを開き、上段の「遠隔クエスト」タブをクリックすることでクエストを受諾可能
■報酬内容(4層クリア時)
・下級属性タリスマンの袋
・ガーネット
・女神の嘆き
・Lv.93マジックタリスマン
■報酬内容(7層クリア時)
・下級属性タリスマンの袋
・中級属性タリスマンの袋
・ガーネット
・女神の嘆き
・パラレビス
・Lv.93マジックタリスマン
■報酬内容(11層クリア時)
・下級属性タリスマンの袋
・中級属性タリスマンの袋
・上級属性タリスマンの袋
・ガーネット
・女神の嘆き
・パラレビス
・上級生命の清水
・冒険者の箱
・女神の夢袋
・lv.93マジックタリスマン
・高級キューブ袋
・深緋のキューブ
■報酬内容(11層クリア時)
・下級属性タリスマンの袋
・中級属性タリスマンの袋
・上級属性タリスマンの袋
・ガーネット
・女神の嘆き
・パラレビス
・上級生命の清水
・冒険者の箱
・女神の夢袋
・lv.93マジックタリスマン
・高級キューブ袋
・深緋のキューブ
・翡翠のキューブ
・闇の石(30日)
□その他のアップデート内容について
これまでのアップデートと同様、今回のアップデートでもアイテムの追加や一部システムの改修など、細かい内容のものも実装される。
それらについては以下を参照のこと。

■Lv.93グロウ装備実装
Lv.93特定エピック装備をユニーク等級に進化させることで、より強力な装備にアップグレードできるようになる。

■Lv.93グロウレジェンド装備実装
Lv.90レジェンド等級のヘイズアイスドラゴン装備アイテムを進化させられるエヴォハンマーが追加される。
これにより、レジェンド装備をさらに強化できるようになる。

■Lv.93グロウゴッデスオブアルティアアクセサリー装備実装
鍛冶屋NPC[アイテム生産]-[セット装備生産]に、Lv.93「グロウゴッデスオブアルティアアクセサリー」生産メニューが追加される。
これを生産するにはLv.90「ゴッデスオブアルテイアアクセサリー」と「大地のキューブ」が必要となる。
この「大地のキューブ」は、先述の「リバース・シードラゴンネスト」にて入手が可能。

■Lv.93竜珠+14強化解禁
Lv.93竜珠アイテムの強化段階が+12から+14へと拡張された。

■ギルドマスター委任方法変更
ギルドマスターの委任方法が、テキスト入力方式へと変更になった。

■ギルド加入希望者リスト実装
ギルド未加入のキャラクターが「加入希望登録」を行なうと、ギルド側からそのリスト上にいるキャラクターを勧誘できる機能が追加される。
この機能は日本からの要望で実現したものとのこと。

■ランク戦参加者のスキル構造
ランク戦にてランクインしているキャラクターのスキル構成を確認できるようになる。
上位ランカーがどのようなスキル構成をしているのかを参考にしたり、その対策などを考える、といった形で利用できる。

■入場回数確認ウインドウの改修
「コミュニティ」ウインドウの「ステージ」タブが「入場回数」タブへと変更される。
これによって、今までは逐一クリックをしなければ見ることのできなかったダンジョンの入場回数が、ひと目でわかるようになった。

■遮断者の全体チャット遮断機能実装
チャットにおいて、これまでは自分が「遮断者」として登録していたプレーヤーのチャットでも「黄色い伝書鳩」または「青い伝書鳩」を使った発言については遮断されなかったが、これが遮断可能となる。

■冒険者用かばん/倉庫収納用箱の改修
インベントリや倉庫を拡張するためのアイテム「冒険者用かばん」や「倉庫収納用箱」は、拡張できる数以下の枠数を拡張することができなかった(例えば残り5枠に対して10枠拡張用のものを適用することができなかった)。
これが、今回のアップデートにて拡張できるように変更される。
また、これまで枠拡張は直接適用だったが、アップデート後はいったん拡張用のアイテムとなる。
これらは「アカウント倉庫」を経由して他のキャラクターに移動することも可能。

■装備図鑑アップデート
今回のアップデートにともなう新装備の追加が実施される。

■連合商店のアイテムラインナップ更新
連合商店のアイテムラインナップにLv.90・93クラスが追加更新される。

□スキルバランスを調整
さまざまなキャラクターのPvE/PvPスキルバランスが調整される。
今回は他のキャラクターと比較しても弱すぎるスキルの上方修正や、ゲームバランスを大きく崩すようなスキルの下方修正となっており、ユーザー側の希望を汲んだ運営サイドが、開発サイドとの話し合いを重ねた末に実現したもの。
それでもまだ調整に至らないスキルもあるということだが、これについては今後も検討と調整を重ねていくということだ。
※記載されている内容は開発中のもののため、実装時に異なる場合があります。

□ドラゴン討伐世界大会「DNC」開催が決定!
「ドラゴンネストR」では、過去、PvPの世界大会を実施しているが、今回初めてPvEの世界大会を実施することを発表した。
「Dragon Nest Competition」、通称「DNC」と呼ばれるこの大会は、各地域ごとの「ドラゴンネストR」プレーヤーが、大会用に用意されたドラゴンネスト(ヘイズルーンドラゴンネスト/ハードコア)をクリアするまでの時間を競うというもの。

各地域においては3月中旬頃に本大会用の専用サーバーが「世界同時」のタイミングで設置される。
このサーバーには、Lv.93のキャラクター所持者であれば誰もが「DNC」専用のキャラクターを作成可能で、作成されたキャラクターはタリスマン、紋章、開眼の書、冒険者用かばんなどが支給される。
また、サーバー内の「DNC商店」を利用することで、キャラクターセッティングに必要なすべてのアイテムも獲得できるとのこと(アイテムスペックについては韓国準拠の予定)。

各地域間の公平性を保つために装備スペックは統一され、サーバーのオープン時間も世界標準時に合わせて、本当の意味での同時オープンとなる。
また、「DNC」サーバーにおいては未実装地域のある「ナイトメアマギカ」や「覚醒アサシン」が使用できないといった措置も取られる。

これまで新コンテンツと言えば開発元のある韓国で最初に実装され、それから各国の動作検証を経てローカライズされていく、という流れだったため、その仕組み上どうしても韓国以外の国が初見時にすでに情報を入手しているという状況があった。
とくに日本のプレーヤーは、ほとんどの新コンテンツにおいて他地域よりも攻略速度が早いというデータも出ているようで、今回の「DNC」ではその真の実力が試されることとなりそうだ。

他地域に情報を極力渡さずにプレーヤーのクオリティを高めていくのは、現代のネット社会においては非常に難しいことなのかもしれないが、それにどういう形で各地域プレーヤーが対応していくか、という部分は本大会の見どころの1つと言えるだろう。
また、すべてのプレーヤーの装備やアイテムに差がなく、e-Sports的な楽しみ方ができるというのも面白い。

ちなみに、2月には国内でLv.90のヘイズアイスドラゴンネストを使ったプレ大会も開催される予定。
これまで装備の関係でこういった上位のコンテンツやイベントへの参加を尻込みしていたプレーヤーも、これを期にぜひ参加していただければと思う。
あるいはそこで、新たな自分の可能性も発見できるかもしれない。

□大まかな年間アップデートスケジュールも発表!
今回は、年の始めということでYAMAMOTO氏より年間アップデートの発表もあった。
現時点で予定されているのは以下のものになる。
空いている月もあるが、そこもアップデートなど何かしらの予定を含んでいる。
いずれも詳細についてはまだお伝えすることができないが、6月の「毎年恒例」の内容については「察してください」とのこと。
また、7月に新コンテンツが予定されているが、それ以外にも今年はコンテンツの充実を図っていきたい、ということだった。

■現時点で予定されている年内のアップデート
4月:「アサシン」関連のアップデート
5月:「アカデミック」関連のアップデート
6月:毎年恒例のアップデート
7月:新コンテンツ導入
8月:「カーリー」関連のアップデート
12月:「アサシン」関連のアップデート


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る