2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

生き物大好き!『動物が出てくる名作ゲーム』10選

 【09//2017】

 生き物大好き!『動物が出てくる名作ゲーム』10選


読者の皆様、動物は可愛かったり和まされたりと非常に素晴らしい生き物ですよね。
ゲームでも動物はたくさん、様々な形で扱われています。
そこで今回は動物が出てくる10のゲームから10種類の動物をチョイスして皆様にご紹介致します。


いきものだいすき!あつまれムツサイド王国!(?)
◆にわとり『Stardew Valley』
開発元:ConcernedApe 開発年:2016年 機種:PC/Nintendo Switch(予定)
――ようこそ田舎暮らし!
ほのぼの系田舎暮らしゲームの本作より「にわとり」です。
本作ではまず鶏小屋を建ててから鶏を飼うことになりますが、飼っているとたまごを定期的に落としてくれるのでそれで資金繰りが出来るようになります。
また、動物には愛情を注ぐふれあいのようなコマンドがあり、愛情が満たされていればより高品質なたまご、畜産品を落とすようになったりします。
その他、本作は村の人々の交流など非常に癒やされる作品となっており、日頃の疲れが溜まっている方にもオススメと言えるでしょう。

◆やぎ『Goat Simulator』
開発元:Coffee Stain Studios 開発年:2014年 機種:PC/PlayStation 3/Xbox 360/PlayStation 4/Xbox One
――BAAAAAAAA!
物理演算という技術の悪ノリ、ぶっ飛んでいる本作より「やぎ」です。
開発者をして「本作を買うくらいならレンガでも買った方がマシ」と言わしめた作品ですが、かなり気合いの入ったアップデートが続いたり「2016 STEAM アワード 家畜をうまく使ったで賞」を受賞するなどの名誉もある作品です。
無茶アンド苦茶な物理挙動は抱腹絶倒間違いなしで、人に見せながらプレイしたりパーティゲームのような遊び方をしても楽しめる作品と言えます。

◆ねこ『Cat Goes Fishing』
開発元:Cat5Games 開発年:2015年 機種:PC
――釣りねこ!
カジュアルな釣りゲームである本作より「ねこ」です。
プレイヤーはねこのキャラクターを操って竿を投げ釣りをします。
釣りのシステム自体は非常にシンプルですが、小さい魚を釣ったあとにそれを餌としてより大きな魚を釣るなどの仕組みもあります。
また、アイテムや竿のアップグレードも備えており、シンプルであるが故に意外と長時間ハマってしまう作品です。
アップデートも頻繁で様々な要素が追加されており、将来性もあるタイトルと言えるでしょう。

次のページ:いぬ、たこ、ひよこ、きつね
◆いぬ『POSTAL 2』
開発元:Running With Scissors 開発年:2003年 機種:PC
――猛犬注意!
「いぬ」枠で本作より主人公の「ポスタル・デュード」の愛犬「チャンプ」の登場です。
スクリーンショットのようにアップで見てみると意外と可愛らしい見た目をしていますが、ひとたび牙をむけばあらゆる人に襲いかかる猛犬です。
その上オープニングで「ポスタル・デュード」にいきなりおしっこをかけてくるというふてぶてしすぎる行動を取ってくる始末…ひょっとしたら殺伐としていてブラックな本作の世界観にぴったりと言えてしまうかも知れません。

◆たこ『Octodad: Dadliest Catch』
開発元:Young Horses 開発年:2014年 機種:PC/PlayStation 4/Xbox One
――たこ父ちゃん
邦題「オクトダッド ~タコと呼ばないで~」こと本作より「たこ」の登場です。
本作ではなんと主役、プレイアブルキャラクターとして登場し、たこである身分を偽って、人間の妻子と共に暮らしているお父さんとして登場します。
ゲーム自体は、ぐにゃぐにゃな身体を上手く操ってオブジェクトを操作して進めるステージクリア型のゲームです。
全体的にコミカルでクスッとしてしまうような描写も多く、操作方法が難しいにも関わらず和やかに楽しめる作品と言えるでしょう。

◆ひよこ『Toki Tori』
開発元:Two Tribes 開発年:2010年 機種:PC/PlayStation 4/Nintendo 3DS
――超人気のひよこ!?
パズル作品である本作より、プレイアブルキャラクターの「ひよこ」です。
本作はコアゲーマーからネタにされるような人気もありますが、実はかなり良作のパズルゲームです。
マップを攻略するためには瞬間移動などのテクニックを使ってパズルを解いていく必要があり、理詰めの考えを要求される傑作パズルゲームとなっております。
じっくりと腰を据えて考えながら攻略する楽しみがあると言えるでしょう。

◆きつね『Never Alone』
開発元:Upper One Games/E-Line Media 開発年:2014年 機種:PC/PlayStation 4/Xbox One/Wii U
――アラスカより
主人公の「ヌナ」をサポートしてくれる「きつね」(正確にはホッキョクギツネ)です。
本作はイヌピアットの伝承や民話をベースにしたアクションゲーム作品ですが、ドキュメンタリー映像も同梱されており、非常に強く感銘を受ける傑作となっています。
プレイ自体はとても簡単な操作体系なのにも関わらず、人と社会の結びつき方、イヌピアットの生活から対照される私達の生活、そういったものに考慮を促してくれます。

次のページ:ぶた、ペンギン、そして…
◆ぶた『Farming Simulator 17』
開発元:Giants Software 開発年:2016年 機種:PC/PlayStation 4
――ドナドナ
家庭版の販売も始まる農業シミュレーションゲームの本作より「ぶた」です。
本作において家畜は貴重な収入源の一つであり、育てるにあたって混合飼料を作ったりと、かなり奥深い要素として楽しめます。
入手する時も家畜商から買い取り、ワゴンに乗せてドナドナドナ…とプレイヤーの飼育小屋へ連れて行くなど丁寧にシミュレーションされています。
また本シリーズにおける「ぶた」は今作『Farming Simulator 17』より正式導入されました。

◆ペンギン『Starbound』
開発元:Chucklefish 開発年:2016年 機種:PC
――宇宙を股に掛ける!
惑星から惑星、銀河から銀河へ移動していきコロニーを作ったり、宇宙船を改造したり等、自由度の高いアクションRPGの本作より「ペンギン」です。
本作においてはマスコットのように扱われもしますが、様々なクエストにも絡む種族として登場します。
本作ではその他の種族に鳥人間などもおり様々な種族が登場します。
そして、なんと本誌ではMOD制作ガイドとしてスパ君とえいむちゃんのMODを作る企画もありました。

◆恐竜『ARK: Survival Evolved』
開発元:Studio Wildcard/Instinct Games/Efecto Studios/Virtual Basement LLC 開発年:2015年 機種:PC
――古代の動物!
現在早期アクセスゲームである本作より「恐竜」です。
本作においては恐竜をテイムする(飼い慣らす)事が可能で、様々な恐竜を仲間、家来に出来ます。
本作は一人称視点も選べれば三人称視点も選べるようにバージョンアップが施され、様々な改造MODが存在していたり、戦闘からクラフトまで様々な楽しみ方が出来る作品です。
スクリーンショットは温厚な草食恐竜「パラサウロロフス」で、ゲーム内では遭遇率の高い恐竜となっております。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆
皆様いかがでしたか?動物が登場するゲームは様々なものがありますが、犬や猫などオーソドックスなものもあれば最後の恐竜(ちょっと反則でしょうか?)などもあり、数々の動物がゲームで取り扱われていることが分かりますね。
皆様も動物が登場するゲームでオススメのものがあれば是非コメント欄でご教示下さい。
それでは皆様、動物も愛せばゲームも愛していきましょう!


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る