2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

『死印』ゲーム内容を紹介するPV第2弾が公開 豪華グッズがもらえる早期キャンペーンの詳細も明らかに

 【11//2017】

『死印』ゲーム内容を紹介するPV第2弾が公開 豪華グッズがもらえる早期キャンペーンの詳細も明らかに


●実機画面が初公開
エクスペリエンスから2017年6月1日発売予定のプレイステーション Vita用ソフト『死印』。
同作のPV第2弾が公開。
さらに早期予約キャンペーンも明らかになった。

今回解禁されたPVでは、初公開となる実機画面を使用して、本作のゲーム内容を紹介。
懐中電灯の明かりを頼りに真夜中の心霊スポットを進む恐怖、呪いを解く手がかりを集める調査、探索中に遭遇する怪奇現象など本作のゲーム性が明らかに。
また、アドベンチャーでは珍しい同行者の選択や怪異との対峙、生死を分ける“デッドリーチョイス”などのシステムも……。
何はともあれ一度PVをご覧ください。

早期予約キャンペーンでは、PS Vita『死印』を3月31日(金)までにした方の中から抽選でここでしか入手できない賞品をプレゼント。
希望者は、キャンペーン応募用メールアドレス shiin-preorder-campaign@experience.co.jp へのメール、またはエクスペリエンス公式Twitter@event_EXPへのダイレクトメールにて、予約の確認ができる画像を添付しご応募のこと。
“心霊タクシーツアー”など、ここでしか手に入らない特典が!
※なお、当選された方への賞品発送は、商品発売後に購入確認をさせていただいた後となります。
購入確認方法などは別途当選された方へメールにてご連絡をさせていただきます。
その際に、商品を購入されていないと権利が他の方に移行となりますので、予め、ご了承ください。

《キャンペーン応募期間》
2017年3月31日(金)まで
《賞品内容/当選人数》
ここでしか手に入らないオリジナルグッズをプレゼント!!
A:「心霊タクシーツアー」ご招待/2名様
B:「大判タペストリー」/10名様
C:「厄除けのお守り」/30名様
上記3種の中からご希望の賞品を選んでご応募ください。

上記抽選に外れてしまっても、50名様に、「オリジナルアートブック」をプレゼント。

※「賞品画像は制作中のもののため、デザインが変更になる場合がございます。

《当選発表》
キャンペーン期間終了後、当選者様へのみ送付していただいたメールアドレス宛にご連絡を差し上げます。
なお、当選発表はこちらのメールでのご連絡をもってかえさせていただきます。

《応募資格》
17歳以上(18歳未満の方は、キャンペーン要項への保護者の同意を得た上でご応募ください。

《応募方法》
PS Vita『死印』の予約確認ができるもの(予約票や予約完了メールなど)を写真やスクリーンショットで撮影し、キャンペーン応募用メールアドレス shiin-preorder-campaign@experience.co.jp 宛にメール、またはEXP公式Twitter @event_EXPをフォローしダイレクトメールより、必要事項と撮影した画像を添付の上、ご応募ください。

《必要事項》
・お名前(ニックネームなどでも可)
・ご連絡可能なPCまたは携帯メールアドレス
・ご希望の賞品(AまたはBまたはC)
・予約確認が可能な予約票などを撮影した画像の添付
以上をメールの件名もしくは本文、またはダイレクトメールの本文に「『死印』早期予約購入キャンペーン応募」と一文添えてご応募ください。

※本キャンペーンの対象となる製品は、PS Vita『死印』パッケージ版となります。
※当社からのご連絡は「@experience.co.jp」ドメインのメールアドレスからご連絡します。
受信いただけるよう迷惑メール設定等をご確認ください。
※キャンペーンに応募される前に、必ずキャンペーン応募ページをご確認ください。



さて、夜は長い。
ここからが本番……ということで、ゲームシステムを紹介していこう。
しかとご熟読あれ!
■“探索型”ホラーアドベンチャーゲーム
記憶と引き換えに刻まれた、“死”へのカウントダウンを意味する謎の痣“シルシ”。
同じ死への宿命を背負った者たちが、微かな希望にすがり、生き残る術を見つけ出す為、人知を超えた恐怖の存在“怪異”が潜む「戦慄の心霊スポット」を探索するホラーADV。

■東京都H市内に点在する“心霊スポット”
H市内で噂される正体不明の“怪異”の噂。
様々な場所でその怪異が目撃されているというが・・・。
プレイヤーは手がかりを求め、未知なる恐怖が待つ心霊スポットへと足を踏み入れることに。

▼H小学校
H市内にある廃校。
かつて火事があり、校内はひどく損傷している。
校内には廃校に似つかない植物が生えた場所なども。
時折、校舎内で、いるはずのない生徒の姿が目撃されている・・・。

▼H城樹海
自殺の名所として名高い、H市北西部に広がる広大な森林地帯。
ハイキングコースも存在するが、道を逸れれば獣道が広がり、コースへ戻るのは困難となる。
自殺者が後を絶たないこの場所に、住み着いている者がいるとかいないとか・・・。

■運命を共にする「印人」の選択
各章ごとに入れ替わる印人の中から1名を同行者として選択し探索へ。
拠点に戻れば連れていく印人を変更することが可能。

印人は異なる特徴を持つ。
印人の選択が、調査そして怪異との対峙に大きな影響を及ぼす。

運命を共にする者の選択が、プレイヤーの生死を大きく左右することに!
新たに2名の印人を公開。

■蔓延る恐怖・死が迫る緊張感を伴う探索・調査
ナニカが潜む暗闇の中を懐中電灯片手に探索。
恐怖に抗いながら、隠された手がかりを探し出せ!
心霊スポット内を懐中電灯で照らしながら探索。
”調査モード“に移行することで、懐中電灯で照らした部分を詳しく調査することが可能に。
怪しい場所を「見て・探り」、ヒントを見つけ出せ。

集めた所持品が状況を打開することも。
探索に詰まった時などは、所持品を見直し推察せよ。

探索中に襲いかかる怪奇現象の数々!
あなたは、数々の“恐怖”に耐えられるか……。

■“最悪の恐怖”との遭遇そして対峙
怪異との遭遇は、“死”を意味する。
対峙してしまえば、徐々に距離を詰められ、あなたは確実な最期を迎えるだろう。

怪異に抗うためには、印人との連携が不可欠。
所持品をコマンドで選択し有効な行動をせよ。
集めた情報から真相を導け。

探索中に迫られる生死を分かつ運命の選択“デッドリーチョイス”
コタエを誤れば、死が体を蝕んでいく。
タイムリミットが訪れる前に、最善の選択を導け。
最悪の選択をすると、一瞬で死が訪れることも…

真相を明かした先に待つ、印人たちの運命とは?
“シルシ”の呪いからの解放は? そして、恐怖はオワラナイ・・・

・『死印』前日譚小説


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る