2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

『BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣』登場キャラクターやバトルの基本、メインストーリーの序盤を復習

 【13//2017】

『BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣』登場キャラクターやバトルの基本、メインストーリーの序盤を復習


●4名の実力派が贈るヒロイックRPG
コーエーテクモゲームスより、2017年3月30日発売予定のプレイステーション4、プレイステーション Vita用ソフト『BLUE REFLECTION(ブルー リフレクション) 幻に舞う少女の剣』。
発売直前となる今回は、これまでに公開されたゲーム情報をおさらい。
本作の魅力を復習しておこう。

●『BLUE REFLECTION』の世界
キャラクターデザイン・監修に岸田メル氏、シリーズ構成に時雨沢恵一氏、五十嵐雄策氏、夏海公司氏を起用した本作。
それぞれの独自の世界が融合し、『BLUE REFLECTION』のひとつの世界が生み出されている。

◆キャラクターデザイン・監修:岸田メル氏
『ロロナのアトリエ ~アーランドの錬金術士~』、『トトリのアトリエ ~アーランドの錬金術士2~』、『メルルのアトリエ ~アーランドの錬金術士3~』、テレビアニメ『花咲くいろは』ほか、多数のライトノベルや書籍のイラスト、テレビアニメのキャラクターデザインなどを手掛ける。

◆シリーズ構成
・時雨沢恵一氏
2000年『キノの旅 the Beautiful World』(電撃文庫)でデビュー。
同シリーズのほか『アリソン』シリーズ、『ソードアート・オンライン ガンゲイル・オンライン』シリーズ、『学園キノ』も含めた、著者関連書籍累計は1090万部。
『キノの旅』は、劇場アニメ化、テレビアニメ化、ゲーム化された。
『アリソンとリリア』はNHKにてテレビアニメ化。

・五十嵐雄策氏
第4回電撃hp 短編小説賞の最優秀賞を受賞し、『乃木坂春香の秘密』(電撃文庫)でデビュー。
同作は2度のテレビアニメ化を果たす大ヒット作となり、シリーズ累計200万部を突破。
ほか、『小春原日和の育成日記』『SE-X ふぁいる』シリーズを始め、中学入試問題にも採用された『ぼくたちのなつやすみ』(メディアワークス文庫)など著作多数。

・夏海公司氏
『なれる!SE』シリーズ(電撃文庫)の60万部ほか、作家累計85万部。
兵庫県出身。
2007年、『葉桜が来た夏』で第14回電撃小説大賞の選考委員奨励賞を受賞し、翌年同作品で作家デビュー。
代表作は元システムエンジニアの経験を生かした『なれる!SE』シリーズで、現在ヤマハのネットワーク機器とのコラボ企画も進行中。
また、戦闘機&美少女をテーマに描く『ガーリー・エアフォース』シリーズも展開中。

●少女たちの物語
本作の主人公・白井日菜子は、足の怪我の後遺症により、大好きなバレエを踊れなくなってしまった少女。
バレエが踊れなくなった日菜子は心を閉ざしていたが、司城夕月・司城来夢のふたりの姉妹と出会い、魔法少女“リフレクター”に変身し、戦う力を手に入れる。

リフレクターでいるあいだ、体を自由に動かせるようになる日菜子は、“足が治って、またバレエを踊れるかもしれない”という望みのために、夕月、来夢とともにリフレクターとして過ごしていく。

日菜子が通う学園には、個性あふれる生徒たちが通っている。
彼女たちは思い思いの学園生活を楽しむ一方、心に悩みや問題を抱えている模様。
日菜子はたくさんの生徒とコミュニケーションをとることで少しずつ成長していく。

リフレクターであり続けるため、生徒たちの悩みや問題解決に奔走する日菜子。
しかし問題は現実世界だけでは解決できないこともあり、日菜子たちは、人間の集合的無意識世界、通称“異世界”へ飛び込んでいくことに。
異世界で問題を解決したり、学園で生徒たちと過ごしていくと、やがて現実世界に“原種”と呼ばれる巨大生物が出現し、人間たちに襲いかかる。

●ゲームループ――重要な3つのパート
女子高生として現実世界で過ごす学園生活、リフレクターとして駆け巡る異世界、圧倒的な脅威となる原種との戦い。
本作は、大きくこの3つのパートに分かれており、基本的に3パートをくり返すことでゲームが進んでいく。

◆ゲームの基本的な流れ
(1)日常:学園生活
学園生活パートでは、ストーリーの進行はもちろん、放課後に生徒と交流して絆を深めたり、さまざまなミッションを受けることができる。

(2)非日常:異世界
異世界パートでは、おもに学園生活で受けたミッションの達成や生徒たちの問題解決のため、アイテムを探したり、バトルを行う。

(3)非日常:原種との戦い
学園生活や異世界探索などをくり返していくと、メインストーリーが進むとともに、やがて現実世界に“原種”が出現。
原種は物語の局面でたびたび現れ、日菜子は自分の願いを叶えるため、世界を守るために原種に立ち向かうこととなる。

●3つのパートでできること
物語が進むにつれてできることも増えていく本作。
“日常:学園生活”、“非日常:異世界”、“非日常:原種との戦い”のパートごとに、できることのポイントをおさらいしていこう。

(1)日常:学園生活
学園生活では、メインストーリーの進行のほか、おもに生徒と交流して絆を深めたり、ミッションを受けて評価を高めていくことが目標。

放課後はミッションを受ける
成長ポイントでレベルアップ
絆エピソード、デートイベントで絆を深める
雨の日の放課後と制服
フリスペ!
自宅の楽しみ
(2)非日常:異世界
異世界では、想いの欠片“フラグメント”を探すこと、そしてミッションの達成が大きな目的となる。

異世界でフラグメントを入手
アイテムを作成
(3)非日常:原種との戦い
すべての原種を倒せば、願いが叶う――。
再びバレエを踊るため、世界を守るために日菜子たちは仲間と協力し、つぎつぎと現れる原種に立ち向かう。

仲間のサポートを活用
アクティブコマンドを活用
オーバードライブで連続行動
●メインストーリー
ここではメインストーリーの序盤をおさらい。

●天才ピアニストの葛藤
キャラクターのエピソードから、天才ピアニストと称される多谷史緒のエピソードが明らかになった。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る