2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

Nintendo Switch『ARMS』1dayトーナメント&プロゲーマーエキシビションマッチで白熱! 新キャラのミェンミェン&DNAマンもお披露目

 【29//2017】

Nintendo Switch『ARMS』1dayトーナメント&プロゲーマーエキシビションマッチで白熱! 新キャラのミェンミェン&DNAマンもお披露目 


文・取材:編集部 立花ネコ
●観戦しているだけでも楽しい新感覚の格闘スポーツ
2017年4月29日~4月30日、千葉・幕張メッセにて開催されている、ニコニコ最大のイベント“ニコニコ超会議2017”。
同イベントの“超『ARMS』ブース”では、発売日が2017年6月16日に決まったNintendo Switch用ソフト『ARMS』が出展。
両日とも1dayトーナメント大会“スゴウデトーナメント”などが開催されている。

『ARMS』は、伸びる腕“アーム”を持つキャラクターがパンチをくり出し合って戦う格闘スポーツゲーム。
ボクシングとシューティングゲームの要素を兼ね備え、Nintendo SwitchのJoy-Conを両手に握ってプレイする、これまでにない感覚の意欲作だ。
先日発表されたミェンミェン、DNAマンを含め、現在7キャラクターの参戦が明らかになっている(キャラクターは今後も増える予定とのこと)。

“スゴウデトーナメント”は午前の部、午後の部の1日2回開催だが、大会前にはプロゲーマーによる『ARMS』のエキシビジョンマッチも実施。
本日4月29日は、『大乱闘スマッシュブラザーズ』シリーズトッププレイヤーのAbadango選手と、『ストリートファイター』シリーズトッププレイヤーのMOV選手が『ARMS』でアツい対戦をくり広げた。

まずはDNAマンとミェンミェン、新キャラのお披露目を兼ねた新キャラマッチ。
キャラクターを入れ替えて2試合が行われ、それぞれ1勝1敗のドローとなった。

次いで行われたガチマッチは、1試合目がスプリングマン(MOV選手)vsメカニッカ(Abadango選手)、2試合目がマスターマミー(MOV選手)vsニンジャラ(Abadango選手)の対決。
互いに1勝1敗で迎えた最終試合はリボンガールどうしのマッチングとなり、3ラウンドまでもつれこんだ末、2勝1敗でAbadango選手に軍配があがった。
すでに練習で『ARMS』をやりこんだというトッププレイヤーどうしの対決は、発売前のタイトルとは思えないほど白熱。
プロゲーマーならではのテクニックも多数炸裂し、会場もニコ生も大いに盛り上がった(ニコ生では英語のコメントも多く、注目度の高さがうかがえる!)。

お待ちかねの“スゴウデトーナメント”は、先着エントリーの64名による大会が、各日2回、2日間で計4回開催。
1回戦~準決勝は2ラウンド先取の1試合制、決勝戦のみ2ラウンド先取の2試合制で行われた。

10時から開催されたトーナメントを勝ち上がり、準決勝にコマを進めたのは4名の選手。

いよいよ迎えた決勝戦は、“闘会議2017”でも入賞を果たした中学生の鈴選手と、マスターマミーで勝ち上がったかいちょ選手の対決に。
倉持&ブンブン丸や矢吹氏を始めとした開発陣が見守るなか、2ラウンド先取の2試合制で決勝戦に挑んだ。

第1試合は鈴選手のニンジャラ、かいちょ選手のマスターマミーの対決。
スピードとパワーのマッチアップは、1ラウンド目をマスターマミーが力で押し切ったものの、2ラウンド目は投げ技で善戦したニンジャラが一矢報いる。
そして最終ラウンドは回復をうまく使ったマスターマミーが制し、1-2でかいちょ選手が勝利した。

続く第2試合は鈴選手がリボンガールにキャラクターを変え、かいちょ選手のマスターマミーと対決。
1ラウンド目をマスターマミーが先取した後、タイムアップまでもつれ込んだ2ラウンド目はマスターマミーが判定勝ちを収め、0-2でかいちょ選手の勝利。
“スゴウデトーナメント”午前の部チャンピオンの座を勝ち取った。

“スゴウデトーナメント”は明日4月30日も本日同様のスケジュールで開催予定。
発売前に『ARMS』で腕試しをするいい機会なので、ぜひ参加して頂点を目指してみよう! 大会の詳細は公式サイトへ。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る