2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

ゲームの世界がまざまざと蘇る、「人形達ノ記憶 NieR Music Concert」

 【05//2017】

ゲームの世界がまざまざと蘇る、「人形達ノ記憶 NieR Music Concert」


スクウェア・エニックスは、アクションRPG「NieR」シリーズのコンサート「人形達ノ記憶 NieR Music Concert」を大阪・東京で開催した。
このコンサートでは楽曲を手がける岡部啓一氏と、コンサートでピアノを担当した帆足圭吾氏のアレンジにより、「NieR:Automata」の世界を会場で再現、ファンにはたまらないコンサートとなった。
筆者は5月4日の昼の部を見ることができたので、その模様をお伝えしたい。


コンサートでは帆足氏のピアノ、後藤貴徳氏のギター、土屋玲子カルテットによる2つのバイオリンと、ヴィオラとチェロによる演奏。
前作も担当したエミ・エヴァンス氏、今作から加わったジュニーク・ニコール氏と、河野満里奈氏、いしいさき氏がボーカルを務め、様々な曲を歌い上げた。

ほとんど全てにボーカルが入っており、それぞれの曲と歌の“力強さ”をしっかりと感じることができた。
演奏と共にモニターに大きく画面が映し出され、プレイしていた経験が蘇る演出がされていた。
前半はフィールドの音楽を扱った楽曲だが、映像ではゲーム内とは異なる全景や異なったアングルでも見ることができ、“世界を描いている”という感じが濃密だと感じた。

「NieR:Automata」に限らず、ヨコオ氏の作品は、キャラクターだけでなく世界そのものを深く深く掘り下げていく。
1つのエンディングは“始まり”に過ぎず、そこから物語は、世界は、キャラクターは別の顔を見せ、隠された真実が明らかになり、そしてプレーヤーをさらに深く世界に取り込んでいく。
楽曲の構成もそういったファンに向けて構成されていた。
主人公2Bとパートナー9S、彼らを取り巻くキャラクター……彼らがどんなドラマを演じ、プレーヤーの心にどのように刻まれたか、それを思い出させる構成になっていた。

筆者がグッと引き込まれたのはボス戦である「美シキ歌」。
ボスとして立ちはだかる機械生命体の“心”を描く映像が流れ、彼女と戦った記憶だけでなく、彼女がどうしてああなってしまったのか、本当に望んだものが何なのかを深く考えさせられた。
曲とボーカルに包まれながらも、心は「NieR:Automata」のプレイしていた気持ちから、世界そのものの考察、そして2Bや9Sの気持ち、あの世界の“人々”への運命を考えさせられてしまう。
そしてこの後の楽曲はさらに深く、そして世界の“核心”へと迫る場面を取り上げていくのだ。

もう1つの“主役”である朗読劇も衝撃の内容だった。
出演声優による朗読劇で、今回は石川由依さん、花江夏樹さん、安元洋貴さんが出演。
主人公の2Bと9Sそして相棒であるポッドを演じる彼らだが……。
ヨコオ氏らしい“衝撃”でプレーヤー達を揺さぶらずにはいられない内容だ。
この朗読劇はコンサートごとに内容が違う。
どのドラマにもヨコオ氏が「プレーヤーにこの世界の“真の姿”を見せよう」という気合いが感じられ、ファンは全てをコンプリートしたいと強く願うものとなっている。
今後これらの朗読劇がファンにどう届けられるのか、とても気になる内容だった。

会場のファン達も素晴らしかった。
「NieR:Automata」をはじめとしたシリーズが大好きで、この世界に触れられるという喜びが曲が終わる度に起こる拍手にこもっていたし、コンサートが進むにつれ、曲が物語の核心へと迫く中で、会場からはすすり上げる声が上がっていった。
物語を思い出し、世界へと思いを馳せ、ゲーム内の感動を蘇らせているのがしっかりと伝わってきた。
ファン達は共同で“花”を贈っており、そのデザインも世界観をしっかり現わしていた。

「人形達ノ記憶 NieR Music Concert」は、ゲームの世界を、物語をきちんと再現し、会場のファンと共感しようという想いが強く伝わってくるコンサートだった。
最後は3人のボーカルによる「NieR:Automata」のテーマ曲「Weight of the World」だったのだが、ラストは会場全体で歌い、ファン達も一緒になってコンサートを締めくくった。
ゲームの楽しさを共有できる場であり、ファンの想いをしっかり感じることができた。

このコンサートは5月5日にも開催される。
5月5日の昼の部/夜の部はニコニコ生放送でも放映予定であり、リアルタイムを逃しても、「タイムシフト」で好きな時間で楽しむことが可能になっている。
こちらのサービスは有料であり、購入手続きは「人形達ノ記憶 NieR Music Concert」のページから行なえる。
コンサートのチケットがとれなかった、という人もぜひ楽しんで欲しい。




(C)2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る