2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

『ハロー・レディ! -Superior Dynamis-』2017年発売決定! キービジュアルも公開!!

 【08//2017】

『ハロー・レディ! -Superior Dynamis-』2017年発売決定! キービジュアルも公開!!


●PCアドベンチャーの傑作がPS Vitaで発売決定
ヒューネックスは、プレイステーション Vita用ソフト『ハロー・レディ! -Superior Dynamis-』を、2017年に発売すると発表した。

以下、リリースより。

----------
2014年に暁WORKSより発売された、PCアドベンチャーゲーム『ハロー・レディ!』とアペンドシナリオ『ハロー・レディ! - New Division -』が一つのパッケージになって2017年PlayStation Vita用ソフトとして登場!
<ハロー>と呼ばれる特殊能力を持つエリートたちが集う学園『天河ノーブル・スクール』へと転校してきた主人公・成田真理。
この学園の<6人目のクラウン>、そして唯一の男性となった真理が秘めたある目的とは…?
高貴かつ熱い異能力バトルが描かれる新ノーブル学園アドベンチャー開幕!
本日PSVita版のキービジュアルとティザーサイトが公開されました!

様々な社会問題が人類の行く手を遮る21世紀。
各地から素質ある若者を集め、輝ける未来を作る「ノーブル」として鍛え上げようという選ばれた者たちの最先端エリート学園が「天河ノーブル・スクール」である。
そして、スクールの頂点として俊英たちを統べるのはクラウンと呼ばれる五人の少女たち。

そんなある日、クラウンの筆頭である音無朔はテロリストの襲撃を受け窮地に陥る。
朔を救ったのは、唐突な春の風にも似た男。
彼こそは転校生、六人目のクラウンにして唯一の男性クラウンとしてスクールに招かれた、成田真理だった。

しかし、成田真理はスクールの秩序に真っ向から異を唱える。

クールと気高き少女たちの前に、出逢いという風が吹き始めていた---。


●成田 真理 (なりた しんり)
CV:梅咲チャーリー
本編の主人公。
スクールを統べるクラウンの六人目、また唯一の男性として、理事長・御門黒船に招かれてきた転校生。
謎めいた過去と、圧倒的な実力を秘める。
このスクールには、何らかの目的を持って転校してきた。

●音無 朔 (おとなし さく)
CV:遥そら
7回生(スクールは8回生制)。
スクールを統べるクラウンの筆頭。
女王に相応しい、気高く、誇り高い少女。
筆頭としての立場から、スクールの秩序と正義を両肩に背負う。
人々の範となれるよう、いつも自分を律しており、そのせいか取っつきにくいところもある。
甘いもの好きで、よくキャンディを舐めている。

●桂木 空子 (かつらぎ そらこ)
CV:水崎来夢
7回生。
クラウンでは会計を務めている。
どういう理由なのか、普段から男装をしているが、振る舞いはいたって乙女。
かなりの世話焼きで、困っている人をみると手助けせずにはいられない、心優しい少女である。
運動はあまり得意ではなく、意外とドジなところもある。

●赤人 珠緒 (あかひと たまお)
CV:北見六花
6回生。
クラウンでは最も新しいメンバー。
総務を務める。
元はヤンキー少女であったらしく、素行がちょっぴり荒っぽい。
運動面では天才少女で、実家に伝わる古武術らしき独特の格闘技を修めている。
見た目からは分かりにくいが仲間想い。

●鷹崎 エル (たかざき える)
CV:桜坂かい
5回生。
クラウンの最年少メンバー。
書記を務める。
かつて朔のキャバリエ (身の回りの世話をする役割) だったためか、現在でも “朔の騎士” を自認している。
冷静で、ほとんど無表情。
自称 “クラウン一の策士”。
かなりの毒舌で、表情も変えずに毒を吐く。

●兜山 美鳥 (かぶとやま みとり)
CV:木の下とまり
7回生。
クラウンの副会長を務める。
名高い兜山家の跡取り娘。
扇を持ち歩いて、楚々と微笑する。
優雅な立ち振る舞い、物腰、鷹揚な人となりなど、生まれついてのお嬢様である。

●菱吾 森 (ひしあ もり)
CV:海原エレナ
成田真理に付き従う愛すべき侍女(メイド)。
成田の命令に従ってお掃除から会社経営まで、あらゆることを完璧にこなす万能侍女。

ハロー・レディ! -Superior Dynamis-
メーカー:ヒューネックス
対応機種:PlayStation Vita
発売日:2017年発売予定
ジャンル:新ノーブル学園ADV


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る