2017 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 08

超クラシックな1982年までのゲームが触れる!遊べる!「あそぶ!ゲーム展 STAGE.1 デジタルゲームの夜明け」が香川県で開催

 【09//2017】

超クラシックな1982年までのゲームが触れる!遊べる!「あそぶ!ゲーム展 STAGE.1 デジタルゲームの夜明け」が香川県で開催


デジタルSKIPステーションは、西日本初の本格的なデジタルゲーム展覧会「あそぶ!ゲーム展 STAGE.1 デジタルゲームの夜明け」を開催する。
参加費用は無料で、一部ワークショップに参加の際は材料費が必要となる。
会場は情報通信交流館(e-とぴあ・かがわ)高松シンボルタワー棟4・5階で、期間は7月22日から8月16日まで。

「あそぶ!ゲーム展 STAGE.1 デジタルゲームの夜明け」は、デジタルゲームをテーマにその「歴史」と「技術」、そして「ゲームリテラシー」を企画展示とワークショップを通して体験し、幅広い世代に身近なICT(情報通信技術)への関⼼を深めることを目的に開催される。
なお、本イベントは2015年に埼玉で開催されていたデジタルゲームの展覧会、「あそぶ!ゲーム展」の巡回展となる。

「ゼビウス」の生みの親、“ゲームの神様”ことゲームデザイナー遠藤雅伸氏と、世界一受けたい授業でおなじみの元東京大学大学院情報学環教授 馬場章氏による企画監修のもと、誕生から多様化を迎える1982年までのデジタルゲームを多角的に紹介する。

会場に展示される総ゲーム数は20点以上で、全てのゲームがプレイ可能。
また、ゲームが動く仕組みについても詳しく解説がされる。
遊んで学んで、デジタルゲームの歴史の始まりを体感できるイベントだ。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る