2017 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 12

各業界を代表する頭脳派プレイヤーが直接対決! “アルティメット人狼8 ”リポート

 【11//2017】

各業界を代表する頭脳派プレイヤーが直接対決! “アルティメット人狼8 ”リポート


文・取材:ライター ソムタム田井
●合計4試合!手に汗握る珠玉の推理戦が展開
2017年5月7日、東京・新宿FACEにて、“アルティメット人狼8 supported by ファミ通.com”が開催。
これは、イシイジロウ氏が主宰する“ゲームクリエイター人狼会”と、人狼を題材に即興劇を行う人狼のスペシャリスト“人狼TLPT”の役者陣、そして多方面から集結した業界人がテーブルゲーム『人狼』を披露する一大イベントだ。
本記事では、昼夜にわたって行われた白熱の推理合戦の模様を、リポート形式でお届けする。

オープニングでは、主催代表の眞形隆之さんと高地真吾さん(人狼TLPT:船乗りルーサー役)が挨拶。
続いて、『人狼』のゲームスペースを渋谷、秋葉原、巣鴨にて運営している“人狼ルーム”の阿部洸希氏、渡部慎也氏も登場し、今回のゲームにおけるルールを説明。
出演者たちに割り振られる役割を解説し終えると、いよいよ昼の部がスタートした。

●第1部では、クイズ王や人気声優が活躍!
本イベントは、昼の部、夜の部に分かれていて、それぞれの部で2戦ずつゲームを実施。
昼の部の参戦者は以下の通りで、人狼TLPTのメンバーはもちろん、ゲームクリエイターやクイズ王、声優、将棋棋士など、バラエティーに富んだプレイヤーが揃った。

それぞれ自己紹介が終わると、さっそく1日目の議論へ。
平さんの提案で、プレイヤーは3つの組にわかれ、それぞれの組の中から怪しい人物を1名ずつ、選出することに。
その結果、イシイ氏、Bossさん、ハイラムが選ばれ、そこからさらに投票で、Bossさんが処刑されることが決定した。

一見、スムーズに進行したようにも思えるが、一連のやり取りに対して参加者たちは、「怪しい人物を決める際の選考理由は妥当か?」、「各組にわかれる際、人狼どうしが結託していたのでは?」など、つぎつぎに疑問点を提示。
そして疑いの目は、組み分けを提案した平さんに向けられることに……。

次第に平さんが追い詰められていく中、ここで急遽、大野さんが自分は霊媒師であると宣言。
2日目の投票では結局、平さんが処刑されることになったが、大野さんの提言もあり、今度は序盤から息の合った掛け合いを見せていた、キャシーとハイラムが人狼として疑われることに。
自分たちは村人であると、必死に主張するキャシーだが、ここでついに中田さんが動き、票はキャシーに集中。
怨嗟の声をあげながら退場していった彼女を後目に、ゲームは4日目の朝を迎えることになる……。

●2戦目はふたりの預言者が陣営を築いて対立
続く2戦目では、最初からそれぞれが、能力の有無を発表していく流れに。
ハイラムと安西さんが預言者、藤田さんとBossさんが霊媒師であると宣言する中、名乗り出る順番や言動から、イシイ氏に疑いの目が向き、処刑される流れに。

2日目は狩人の活躍により、死者が出ることなくスタート。
ふたりずつ名乗り出た預言者と霊媒師、それぞれどちらが偽物か? ということで議論は白熱。
それぞれの怪しい点を指摘し合う中、もっとも名乗り出るのが遅かったBossさんが人狼と疑われ、あえなく2日目にして退場することとなった。

そして3日目には、預言者を自称するハイラムと安西さん、それぞれの陣営が真正面から対立する形に。
推理が続く中、ハイラム陣営のメイソンに疑惑の目が向けられ、駆け引きはさらに過熱していき……。

●第2部は新規参戦メンバーの個性が光る!
続いて開催された夜の部では、引き続きで参加するイシイ氏、児玉氏以外はメンバーが総入れ換え。
人狼TLPTのメンバーや女流棋士、プロ雀士、モデル、ゲームクリエイターなど、そうそうたる顔ぶれが集結し、新たな戦いの火ぶたが切って落とされた。

プレイヤーたちが順番に自己紹介をしていく中、今回“アルティメット人狼”初参戦となるイーゴリは、笑いを交えた自己紹介ネタを披露。
「初出演で爪痕を残したいだけだろう」とツッコミを入れられるものの、じつはネタを披露しながら、それぞれの反応をうかがっていたと明かし、「自分のネタで笑わなかった、マドックとノエルが怪しい」と提言。

だが、軽く聞き流され、今度は初美さんの提案で、師匠にしたいプレイヤーと弟子になりたいプレイヤーでペアを組もう……という流れに。
その過程で、それぞれが自身の能力も発表していき、結局1日目は、騒ぐだけ騒いで存在感をアピールしたイーゴリが、様子見(!?)として処刑されることになった。

大浜さん、児玉氏、ノエルが預言者と名乗り、ますます混迷していく2日目。
“3人の中に狂人と人狼が紛れ込んでいる”という前提で推理は進んでいくものの、デイジーやマドックも人狼である可能性が示唆され、票が割れる状態に。
さらに、自称・霊媒師の山口さんと、彼女を守ろうとするノエルの関係性も怪しく、客席も含め、誰ひとり結末を予測できないまま、4日目の朝を迎えることになり……。

●2戦目は女性陣の熾烈なバトルにくぎ付け
2戦目は開始早々、児玉氏が「疑問に思うことはどんどん提案しよう。
投票時も様子見はせず、怪しいと思ったプレイヤーには率先して票を入れていこう」と提案。
全員がこの意見に賛同したところで、今度は4人の女性キャストに男性陣がアプローチし、4組のペアを作り出そう……という流れに。
その結果、デイジーとイーゴリ、山口さんとイシイ氏、椿姫さんとノエル、初美さんと森本さんがペアを組むことになり、アプローチする際の不自然な挙動から、児玉氏が人狼だと疑われ、処刑されてしまった。

2日目以降は、デイジーが預言者を名乗り、椿姫さんと山口さんがそれぞれ狩人を名乗るなど、女性陣の動きが活発化。
とくに狩人どうしの争いは熾烈で、明確な答えが出ないまま、つぎつぎに男性プレイヤーたちが人狼の餌食に! さらに、大浜さんも預言者として名乗りを上げ、一向に決着がつかないまま、この日いちばんの名勝負がくり広げられる!!
昼の部、夜の部を併せて、8時間を超える壮絶なバトルが展開した“アルティメット人狼8”。
イベントに参加できなかった人や、生放送を見逃してしまった人、そしてあの名勝負をもう一度楽しみたいという人は、いますぐニコニコ生放送をタイムシフト視聴でチェックしよう!
・アルティメット人狼8 タイムシフト視聴ページ
http://live.nicovideo.jp/watch/lv296122246


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る