2017 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 08

『FFXII ザ ゾディアック エイジ』スリリングなバトルを楽しめる“トライアルモード”などを公開

 【13//2017】

『FFXII ザ ゾディアック エイジ』スリリングなバトルを楽しめる“トライアルモード”などを公開


●いよいよ発売
『ファイナルファンタジーXII』の北米版にシステムを大幅に変更&追加して2007年に発売された『ファイナルファンタジーXII インターナショナル ゾディアック ジョブシステム』をベースに、HD化やシステムの改良、現世代の技術を導入し、2017年7月13日に発売された『ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ』。

今回は、バトルに特化した“トライアルモード”、さらなるやりこみプレイが快適に楽しめる“強くてニューゲーム”、ガンビットバトルとキャラクター育成の神髄が堪能できる“弱くてニューゲーム”などに関する情報をお届け。
また、オリジナル版から進化した、ゲームシステムもおさらいしよう。

●トライアルモード
“トライアルモード”は、本編で育てたキャラクターやアイテムを駆使して、全100ステージに及ぶ強敵たちと連戦する、バトルに特化したモード。
登場する敵の強さや編成は本編と異なり、中には意外なキャラクターが敵として登場することもある。

各ステージをクリアーした時点での残りHPやMP、ステータス効果などがつぎのステージへ引き継がれるため、残りのHPやアイテム数はもちろん、ステージごとに攻略法を考えながらのスリリングなバトルが展開。
ガンビットバトルの醍醐味である“戦術を考える楽しさ、その戦術が狙いどおりうまくいったときの爽快感”を存分に味わえる。

■本モードならではの強敵と戦略
トライアルモードでは本編のボスに加え、フィールドに登場するモンスター、召喚獣たちも再び敵として出現する。
また、本作ではオートセーブ機能を搭載しているため、トライアルモードの途中でゲームオーバーになっても直前からやり直すことが可能。
じっくりと腰を据えて作戦を練りながら挑もう。

■強力なアイテムを持ち帰ろう
トライアルモードでは、本編では1回しか戦えないボスやレアモンスターともう一度戦える機会でもある。
トライアルモードで入手したアイテムは、本編に持ち帰ることができるので、貴重なアイテムを持った敵には、“盗む”などで収集しよう。
持ち帰ると、トライアルモードはSTAGE1からやり直しとなるが、本編への大きな助力となるとともに、新たにトライアルモードに挑んだ際に強力な武器を活用することができる。

●強くてニューゲーム / 弱くてニューゲーム
ストーリー本編やトライアルモードをクリアーすると、“強くてニューゲーム”と“弱くてニューゲーム”といった新しいニューゲームのモードが選択できるようになる。

■強くてニューゲーム
ストーリー本編をクリアーすることで選択可能になるモード。
登場するキャラクターのレベルがすべて90の状態からスタートするため、1週目で倒せなかった敵や召喚獣、トライアルモードに挑戦するなど、本編のやり込みを快適に楽しむことができる。

■弱くてニューゲーム
トライアルモードをクリアーすることで、選択可能になるモード。
このモードでは、キャラクターのレベルが初期レベルで固定され、敵を倒しても経験値を得ることができない。
ただし、ライセンスポイント(LP)だけは得られるため、ジョブとライセンスの組み合わせかたが重要になる。
とくに本作ではジョブを最大ふたつ選べるので、ライセンスやガンビットの構成次第で、全く新しい攻略法を見つけられるだろう。

ジョブ選択でレベルの低さを補おう!
極限難易度!初期レベルでトライアルモード
弱くてニューゲームのデータからトライアルモードを始めることで、本作最大難度の試練にチャレンジできる。
初期レベルでトライアルモードに出現する屈指の強敵たちを倒すことは至難の業だが、綿密な下準備と対策を練ればクリアーも不可能ではない。

●ゲームシステムまとめ
■ストーリー
それはイヴァリースと呼ばれる世界の物語。

強大な軍事国家アルケイディア帝国の侵略で
ダルマスカ王国が滅亡した戦争から、2年――
戦禍に家族を奪われた少年“ヴァン”は、
帝国に占領された街でたくましく生きながらも
空賊となって大空を駆ける自由に憧れていた。

王家で唯一生き残った王女“アーシェ”は、
ひそかに解放軍を率いて祖国の再興をめざし、
帝国への復讐こそが義務だと誓っていた。

戦乱の時代に出会った彼らの願いと希望が、
人々の運命を結び、そして国々の命運をも変えていく。

■ふたつのジョブを自由に組み合わせて育成する“ゾディアックジョブシステム”
『ファイナルファンタジーXII インターナショナル ゾディアック ジョブシステム』に搭載されていたキャラクター育成システム“ゾディアックジョブシステム”を強化。
ナイト、モンク、赤魔戦士、ウーランといった12種類のジョブの中から、1キャラクターにつき2種類のジョブを自由に組み合わせて育成できる。
ジョブごとに装備できる武具、使用可能な魔法や技などの能力が異なるため、ジョブの短所を組み合わせで補ったり、魔法攻撃に特化した組み合わせにするなど、プレイヤーの組み合わせ次第で性能や戦略に差が出る育成が楽しめる。

■ライセンスとは
“ライセンス”とは、戦いで必要なあらゆる技術に用意されている資格のこと。
すべての武器や防具、魔法や技などは、それらに対応するライセンスを習得することで使用可能になる。
なお、ライセンスはライセンスボード上から“ライセンスポイント(以下LP)”と引き換えで習得でき、LPは敵を倒すことで経験値とともに入手できる。

■ライセンスの取りかた
本作では12種類のジョブが用意されており、選択したジョブのライセンスボードの中でライセンスを習得していく。
さらに最大2種類のジョブを選べるため、ひとりのキャラクターがライセンスボードを同時にふたつ持つことができる。
どのジョブを選択するか、どのライセンスをどの順で習得するかで、キャラクターの育ちかたが大きく変わっていく。

ライセンスの習得順
ライセンスはすべてが最初から選択可能というわけではなく、習得したものと隣り合ったライセンスが順に習得可能になる。
最優先で習得したいライセンスがあれば、そこまでのライセンスを一直線に習得するのもひとつの手。

■ADB(アクティブ・ディメンションバトル)
ADBとは時間と空間の概念が組み込まれた本作独自のバトルシステム。
時間と空間はバトルに大きく影響を与える。

すべての行動に距離と時間が影響
バトルメンバーや敵との距離が戦闘に影響し、遠すぎるとアクションを実行できなくなることも。
行動ごとに有効な距離が決まっており、たとえば同じ“たたかう”というアクションでも剣より弓や銃の方が遠くから攻撃が可能。


またすべてのアクションはキャラクターのスピードに影響される。
同じ行動をとっても、キャラクターによって速さに差が出るため、どのキャラクターに何を優先させるかが重要。

敵と戦うかどうかの選択
フィールド上に存在する敵がこちらを認識するか、敵に何らかのアクションを仕掛けるとそのままバトルになる。
地形や敵の配置を視認し、どのようにフィールドを探索するか判断しながら進む緊張感を味わうことができる。

■ガンビット
“ガンビット”とは、プレイヤーがカスタマイズした作戦指示に従い、バトル中のメンバーが行動するシステム。
ガンビットを設定することで、リアルタイムにくり広げられるADBの進行を妨げることなく、臨場感溢れるバトルが展開される。

ガンビットの基礎知識
ガンビットは対象となる相手を指定する“ターゲット”と、その対象に対する行動“アクション”のふたつをセットすることで、はじめてひとつのガンビットになる。
ターゲットに関するガンビットは、自分やバトルメンバー、敵といった分類以外にも、“HP<70%の味方”といった、状況に応じたさまざまな種類が存在する。
これらは街のガンビット屋で購入可能だ。
1度入手すればすべてのバトルメンバーがそのターゲットを設定することができる。
アクションにはバトルの基本となる“たたかう”や入手した魔法、技のほか、各種アイテムなどを指定可能。

ジョブの組み合わせで広がる“ガンビット”バトル
ふたつのジョブを組み合わせることで、『ファイナルファンタジーXII』のバトルシステムの象徴である“ガンビット(※)”の戦術が広がる。

※ガンビットとはバトル時の作戦指示書のようなもので、これを設定したキャラクターはその内容に沿ってアクションをオートで実行する。

たとえば、ナイト×黒魔道士のジョブで、通常は剣による攻撃を主体としているキャラクターが、武器攻撃に耐性のある敵に囲まれた際、すかさず強力な魔法をくり出して窮地を脱するといったプレイが可能になる。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る