2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

元Valveのライター、未発売の「Half-Life」作品について語る

 【19//2017】

元Valveのライター、未発売の「Half-Life」作品について語る


「Half-Life 2」のライターであるMarc Laidlawはシリーズの物語をどう続けていくつもりだったかについて、インタビューに答えた。
PC Gamerが報じているように、Laidlawによれば、制作陣は「Half-Life」シリーズを今後も続けていく可能性を残しておくため、「Half-Life 3」でストーリーを終わらせる計画はなかったという。
Arcade Attackのインタビューで「ファン待望の『Half-Life 3』がリリースされることはあるか?」と聞かれたLaidlawは「まったくわかりません」と回答。
同氏は「Half-Life 3」のためにValveに戻ることはないだろうとも話している。

Laidlawは、「エピソード3に関してはアイディアがあった」ことも明らかにしており、「それらはすべて僕がシリーズから離れ、次世代にシリーズを任せられるようなところまで『Half-Life』をもっていくはずでした」と話している。
「『HL1』と『HL2』の間にドラマティックなシフトがあったように、『HL2』と『HL3』の間にも、ある種の“リセット”が欲しいと思っていました。
僕以外の人も同じゴールを持っていたかどうかは正直わかりませんが、やりかけの仕事は自分の満足がいく形で完成させ、このシリーズを引き継ぐ人々に決定的な自由を与えるのが重要だと感じていました」
Laidlawによれば、制作陣はシリーズの主人公ゴードン・フリーマンの物語を終わらせるつもりもなかったという。
「エピソード3、もしくは『HL3』がゴードン・フリーマンの物語の完結編になるのではという噂が一部で流れていましたが、それが正確だとは思いません。
僕の意図では、エピソード3は『HL2』で登場したプロットを単純に回収します。
ですが、それでも『HL1』や『HL2』と同じように、宇宙のどこかでゴードンが次のゲームが始まるのを待っているところで終わるはずでした。
クリフハンガーからクリフハンガーへと続いていくわけですね」
Laidlawは1年半前にValveを退社している。
Laidlawの退社に続いて、Valveからは3人のライターが退社している。
Valveは今年1月、シングルプレイのゲームを少なくとも1本開発していると話していたが、Valveの内部関係者を名乗る人物の情報によれば、これが「Half-Life 3」である可能性は低いという。


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る