2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

「進撃の巨人2~未来の座標~」、最新情報を公開!

 【10//2017】

「進撃の巨人2~未来の座標~」、最新情報を公開!


スパイク・チュンソフトは、11月30日に発売を予定しているニンテンドー3DS用立体機動アクション&クラフト「進撃の巨人2~未来の座標~」の最新情報を公開した。


■ストーリーモード
本作ストーリーモードには、2017年に放送されたTVアニメ「進撃の巨人 Season 2」の場面写真や映像、楽曲を使用し、その物語をゲームで追体験できる。
新たに「イルゼの手帳編」と「悔いなき選択編」の2つのサイドストーリーが収録される。
なお「悔いなき選択編」のプレイには前作「進撃の巨人~人類最後の翼~」のセーブデータが必要。

■ワールドモード
「ワールドモード」では、オリジナルキャラクターを作成して兵団を指揮、様々なミッションに挑戦できる。

□原作キャラクターの雇用
条件を満たすと、原作「進撃の巨人」に登場するキャラクターたちを「精鋭兵」として雇用できる。
能力が固定される「一般兵」と異なり、「精鋭兵」はプレーヤーキャラクターと同様にミッションを通じてレベルが上昇、成長していく。
キャラクターの中には訓練ミッションをこなすことで特別な技能を習得できるキャラクターも存在。

□連戦に挑む「遠征ミッション」
複数のミッションを連続してこなす「遠征ミッション」では、装備や携帯するアイテム、同行させるメンバーなどを途中で変更できない。
連戦を見据えて慎重に準備を行なう必要があるが、成功すれば通常より多くの報酬を獲得できる。

□巨人クリエイト
「ワールドモード」の進行で、本部内に「巨人研究所」が設立され、顔や髪形、体格、技能などを組み合わせ自分好みの巨人を作れる「巨人クリエイト」を行なえるようになる。
ミッションで新たな巨人を討伐すると、その巨人のパーツを「巨人クリエイト」内で使用可能となる。

■立体機動アクション
立体機動装置を駆使して行なえるアクションに、新たに地上の滑走や逆水平斬り、ダッシュからの高速斬りといった新モーションを追加。
戦闘時のUIも改良され、クリティカルのタイミングを狙いやすくするなどプレイ環境の調整が図られている。

©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会
©Spike Chunsoft Co., Ltd. All Rights Reserved.


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る