2018 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 10

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

3DS用「世界樹の迷宮X(クロス)」、新職業「ヒーロー」を含む19職業を公開

 【16//2018】

3DS用「世界樹の迷宮X(クロス)」、新職業「ヒーロー」を含む19職業を公開


アトラスは、8月2日に発売を予定しているニンテンドー3DS用3DダンジョンRPG「世界樹の迷宮X(クロス)」の新職業「ヒーロー」を含む19職業などの最新情報を公開した。


「世界樹の迷宮X」は、「世界樹の迷宮」シリーズ最新作で、タイトルの「X(クロス)」には、シリーズ作品のエッセンスを“クロスオーバー”した、という意味が込められている。
本作では、絶海の孤島「レムリア」と呼ばれる新しい舞台で、世界樹の謎に迫る新たな物語が展開する。
ストーリーや、新職業「ヒーロー」を含む19職業、冒険の拠点「飛行都市“マギニア”」、シリーズのシステムの長所をクロスしたゲームシステムについて紹介する。


「遥か東の果てエトリア。
北の公国ハイ・ラガード。
海洋都市アーモロード。
最果ての街タルシス。
世界全土の樹海の冒険者たちよ。
飛行都市“マギニア”に集いて、絶海の孤島《レムリア》の秘宝を目指せ--」
王女ペルセフォネの命により、まだ見ぬ秘宝と名誉を求め、冒険者たちは世界全土から飛行都市“マギニア”に集結した。

「古代文明《レムリア》が残した伝説の秘宝とは!?」
周辺の海域は常に荒れ、厚い雲が島を覆うと言われる《レムリア》。
長く困難な道のりであったが、冒険者たちを乗せた飛行都市“マギニア”は、雲を抜け《レムリア》へと着陸する。

目的地は大いなる世界樹。
その麓に、古代文明《レムリア》が残した伝説の秘宝があるらしい。

冒険者たちの求める富や名誉、あるいは未知なる冒険そのものがそこに眠っている。
冒険者たちよ。
己が誇りを胸に秘め、いざ進むのだ。

■世界全土の冒険者たちが集結! 職業を“クロス”させ夢のパーティをつくろう
「世界樹の迷宮X」で選べるのは、新職業「ヒーロー」を含む19職業。
今までのシリーズ作の冒険者たちが、《レムリア》の秘宝を得ようと集まってきている。
シリーズの人気職業を組み合わせて、いままでは実現しなかった夢のパーティが作れるのは本作ならではの楽しみだ。
自分だけの“クロスオーバー”で迷宮に挑もう。

□新職業「ヒーロー」

危機的状況でも決して諦めず、剣を掲げ、盾を手に戦う戦士。
パーティメンバーと助け合う技術を多く携えているほか、ひとりとは思えない程の怒涛の攻めも行なうといわれている。

□残り18の職業を紹介
□無限のキャラメイクが可能に
19職業はそれぞれ4つの外見(ハイランダーは2つ)をもち、さらにアナザーカラーも用意されている。
しかも髪・目・肌の色をカラーバーで設定でき、ボイスも「世界樹の迷宮V」を大きく上回る総勢33人の声優陣による60種類が用意されている。

□プレーヤーキャラクターボイス担当声優一覧
PCのボイスは、以下の33名の豪華声優による60種類から選べる。
「ボイス無し」の設定も可能。

石上静香、井上雄貴、内田真礼、大塚明夫、大塚芳忠、小形満、岡本信彦、小倉 唯、河西健吾、川原慶久、桑原由気、高坂知也、小島幸子、斉藤壮馬、斎藤千和、佐倉綾音、下野紘、高橋伸也、田村睦心、てらそままさき、富田美憂、長妻樹里、沼倉愛美、潘めぐみ、深見梨加、藤田咲、堀江瞬、前田佳織里、松岡禎丞、三宅健太、村上聡、村瀬歩、佳村はるか(五十音順、敬称略)
■《レムリア》で待つ数々の迷宮に挑む!
「世界樹の迷宮X」では、シリーズ最大のボリュームの迷宮がプレーヤーを待ち受けている。
思う存分地図を描いていこう。
もちろんオートマッピングもあるので、気軽にマッピングを楽しむことも可能だ。

□第一迷宮 東土ノ霊堂
拠点となる“マギニア”から北方にある謎の遺跡。
ここが第一迷宮となる「東土ノ霊堂」だ。
人の気配はなく、さまざまな植物が群生している。
未知の大陸にある未知の遺跡であり、何が起きるかはまったくわからない。
プレーヤーたちは心して挑まなくてはならないだろう。

□冒険者の行く手を阻むのはかつての樹海の数々
探索を進めると、かつての樹海の数々にたどり着く。
雰囲気は同じでも、その地図や構造はまったく違うものになっているようだ。
なぜこのような迷宮が《レムリア》に存在しているのか。
その謎にたどりつくことができるのだろうか……

■シリーズのシステムの長所をクロスしたゲームシステム
本作のゲームシステムは、各シリーズの長所をクロスオーバーさせた最高のゲーム性を実現。
「新・世界樹の迷宮2」の「フォースブースト・フォースブレイク」や、「世界樹の迷宮III」、「世界樹の迷宮IV」で登場した「サブクラス」、「世界樹の迷宮V」で自由度が格段にUPした「キャラメイク」、そして「難易度選択」などが揃っている。


■冒険の拠点、飛行都市“マギニア”
本作で冒険の拠点となるのは、多くの市民が暮らす飛行都市“マギニア”。
その中心地には、冒険者ギルドや宿屋といった施設が集まる広場がある。
冒険者たちはここをよりどころに態勢を整え、危険な迷宮探索に出かけていくことになる。

登場するNPCは20名以上。
彼らは、世界樹と《レムリア》の秘宝をめぐる物語に深くかかわってくることとなる。

□湖の貴婦人亭
猫のマーリンと一緒に自堕落に暮らす少女、ヴィヴィアン。
親に命じられて仕方なく宿の受付で働いており、基本的に無 気力でやる気のない発言をくり返す。
湖の貴婦人亭は宿泊・セーブのほか、荷物を預かったりしてくれる便利な施設だ。

□ネイピア商会
ネイピア商会は武器・防具・アイテムの売買のほか、鍛冶も行なってくれる重要な施設である。

□クワシルの酒場
酒場では様々な依頼(クエスト)を受けたり、集ってくる冒険者から情報収集したりできるのでぜひ活用しよう。

□冒険者ギルド
冒険者ギルドでは冒険者の登録やパーティ編成などを行なう。

□探索司令部
□懐かしいキャラクターたちも登場
「ネイピア商会」の紹介で登場した「ネイピア」以外に、本作にはなつかしのキャラクターたちも登場する。
彼らは物語にどのようにかかわってくるのだろうか。


■先着購入特典「新たな冒険者イラストパック」
本作の先着購入特典として、DLC「新たな冒険者イラストパック」が付属する。
プレーヤーキャラの見た目を変えて楽しめるコンテンツで、シガタケ氏、高畑雪氏(FLIPFLOPs)、三輪士郎氏、モタ氏、アトラスの副島成記氏の5名が5キャラクターのイラストを手がける。
キャラクターの外見は冒険者ギルドでいつでも変更可能だ。

今回は、シガタケ氏とモタ氏2名分のイラストが公開された。
残り3名のイラストは後日公開予定。

©ATLUS ©SEGA All rights reserved.


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。