2018 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 08

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

『サカつくRTW』先行プレイレポ―進化と継承を見事に果たしたシリーズ最新作に興奮!

 【17//2018】

『サカつくRTW』先行プレイレポ―進化と継承を見事に果たしたシリーズ最新作に興奮!


本格スポーツ育成シミュレーションゲーム『サカつく』。
累計売上本数が350万本を超えるこちらのヒットシリーズから、ついにスマホ向けゲームタイトル『プロサッカークラブをつくろう! ロード・トゥ・ワールド(以下、『サカつく RTW』)』が4月19日に配信を迎えます!


公式サイトやTwitterにて情報がリリースされてきたほか、先日開催されました「セガフェス2018」でも本作の生配信が行われましたね。
そうして『サカつく』ファンの注目度がより一層高まっている中、今回インサイドが本作を事前にプレイさせていただけることになりました。

本記事では、実際に遊んでみた経験をもとに『サカつく RTW』の魅力をお届けして参りますので、往年の『サカつく』ファンの方はもちろん、シリーズに触れる機会に恵まれなかった方もぜひお見逃しなく!
◆『サカつく』が歩んできた軌跡
最初に『サカつく』シリーズの振り返りを少し。

『サカつく』は、プレイヤーがサッカークラブのオーナーとなってチームを育て上げる本格スポーツシミュレーションゲーム。
クラブを発展させるためのプロセスや選手間の同士で起きるコミュニケーションなど、ドラマチックなストーリーが展開されるリアルなクラブ経営戦略を楽しめることで人気を博し、1996年の第1作目から20年以上、計24作品が私たちユーザーのもとへと送り届けられてきました。

『サカつく』は私が個人的にもお世話になったタイトルでもありまして。
特に2013年発売の『サカつくプロサッカークラブをつくろう!』では自身の母校の名前をクラブにつけ「世界に我が学校の名前を轟かせてみせる!」と燃えていたのをよく憶えています(笑)。

今回の『サカつく RTW』では従来のゲーム性に加え、スマートフォンゲームアプリならではのキャラクター育成要素に注力していると聞き、個人的にかなり注目していたタイトルでした。

次のページは『サカつく RTW』のゲーム性に迫ります!
◆『サカつく RTW』の見どころ大放出!
ここからは実際に『サカつく RTW』のプレイレポートをお届けしていきます。
果たしてどのようなゲーム性を備えたタイトルなのか━━ぜひご注目ください。

■自分だけのオリジナルクラブを作りあげよう!
最初にプレイヤーがすることはクラブのイメージづくり。
豊富に取り揃えられたエンブレムやカラー、さらにはユニフォームデザインの組み合わせで自分だけのチームが作成できます。

既存のチームではない、オリジナルクラブだからこそ感じられる愛着ってありますよね。
こちらは後から変更することが可能ですので、まずは直感に任せて思い思いのデザインに仕上げてみてはいかがでしょうか。

■見る者を魅了するダイナミックなプレイの応酬!
チームカラーが決まったら、早速試合に進むことができます。
試合はオートで進むのですが、プレイを観戦していると『サカつく』でお馴染みの「光プレイ」によってダイナミックなプレイ演出やテクニカルのプレイスキルが発動することもありますよ!
入場シーンからリアルに再現!
スキルや光プレイの発時は得点の大チャンス!
試合スピードは三段階から選択することができ、また好きな角度へのカメラの切り替えも可能。
さらに、開始時に「ダイジェストを見る」「結果を見る」を選べばすぐに結果へと移ることができるので、必ずしもじっくりと試合を見る必要はありません。
プレイヤーの目的や環境によって遊び方を変えられる点も非常にありがたいなと、率直に感じました。

■あのレジェンド選手と共に勝利を目指す!
次にお伝えするのはチーム編成について。

編成時はピッチに立つスタメン選手や交代選手を選択していくわけですが、サービス開始時から、レジェンド・久保竜彦選手をラインナップに加えられるだけでなく、昨年行われたオーストラリア戦のスタメン選手から必ず一人加えられる「サッカー日本代表スカウトチケット」も贈呈されます。

ゲーム開始直後から手に入る、豪華な報酬な盛りだくさん!
現役選手とレジェンド選手を一緒のチームに編成できる━━これはスポーツゲームの醍醐味でもありますよね。

とは言ってもサッカーゲームですから、選手の能力だけを見て編成を組むわけにはいきません。
選手それぞれが持つ適正なポジションに加え、選手同士の組み合わせで発動するコンビネーションプレーや対戦射手とのフォーメーションの相性なども考慮しつつ、臨機応変に最善の編成を組んであげることは勝利を掴むための重要なファクターとなっております。

また先述した通り、『サカつくRTW』ではこちらのキャラたちの育成要素が豊富なところも見どころとなっており、基本的な選手のLvだけでなく、他の選手を素材にすることで継承できるスキルや、他クラブに移籍させることで強化できる「移籍特訓」など、多角的なプロセスを経て成長を促すことができます。

試合中の技術的な介入は不要なので、普段はそこまでゲームをしないよって人でも十二分に楽しめるゲーム性はとても魅力的。
ただし、今後は全国の1位を目指すトーナメント形式のイベント大会や、日々数試合を楽しむレーティングマッチなどが設置されていくとのことなので、調子・連携・フォーメーションコンボをしっかりと考慮し、勝利をこの手に手繰り寄せていきたいですね。

■地元のクラブチームから世界の頂点へと駆け上がってみせる!
基本的なゲームの流れは、スカウトやキャラの育成などでチーム力を強化しつつ、リーグ戦やカップ戦での勝利を目指していくこと。

リーグ戦を戦い抜き優秀な成績を残すと、表彰式で選手の名前が呼ばれることも!
リーグ戦にて特定の条件を満たせば、上級のリーグや特別な試合への参加が可能に。
日本だけじゃなく世界でも活躍の場は広がっていく━━タイトルにもある“ロード・トゥ・ワールド”に込められたこの思いこそが、本作の最大の特徴になっているのですね。

◆「フォトつく」システムについて
最後に、スマホゲームならではのカメラ能を使用したオリジナル選手作成システム「フォトつく」のご紹介をさせていただきます。

「フォトつく」では、実際に人の顔をカメラで撮影してゲーム内に取り込むこむことで、 使用した画像から「どの選手(ポジション、ステータス)」になったかを判別してくれます。

まずは実際にカメラで写真撮影し、ゲーム内のキャラの顔として取り込む
その後細かなエデッィトを終えると、そのキャラ固有のステータスが表示!
自身の顔はもちろん知人の顔も撮影し、“名前も見た目もみんな友達”で固めたチームで世界に名を轟かせるのも楽しみ方のひとつですね!
『サカつく』シリーズの過去作にて、リアルに近い環境を作ろうとしていた私にとっては願っても無いこちらのシステム。
クラブで活躍した選手が代表に招集される「代表モード」も搭載されているようなので、 知人を模したキャラが世界に羽ばたいていくこともあるのかなと、今から想像するだけで鳥肌が立ってしまいます(笑)。

以上、リリースが間近に迫った『プロサッカークラブをつくろう! ロード・トゥ・ワールド』のプレイレポートをお届けさせていただきました。

現在、公式サイトからはゲーム情報の確認ができるほか、各種SNSなどでの事前登録も実施中。
事前登録は記事執筆時点で10万人を突破。
これが20万人を超えると、歴代『サカつく』でおなじみの「河本鬼茂」が報酬に追加されます。
ファンにとっては嬉しい限りです。

冒頭にも書きましたが、配信開始は4月19日。
世界の頂点を目指す階段を共に駆け上がっていきましょう!
『サカつく RTW』公式サイト
(c)SEGA


Category: ゲームニュースまとめ

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。